DAYS JAPANからの呼びかけを転送します。広瀬隆
 添付ファイルをご覧ください。

◆いつもお世話になっているみなさま

いつもDAYS JAPANにご協力いただきましてありがとうございます。編集部の丸井です。
今日は、沖縄平和運動センターの山城博治さんの緊急講演会についてご連絡させていただきました。
おととし辺野古新基地建設への反対運動に絡んで逮捕され、50日間も勾留された山城さんの裁判について、きのう、那覇地裁が出した判決は、懲役2年、執行猶予3年というものでした。
山城さんとともに威力業務妨害などに問われていた二人にも、有罪の判決が出されています。
「問われるべきは政府です」。判決後、山城さんはそう話しました。
「この裁判で問われているのは、私たちの民意が政府によって権力によってなぎ倒され、物を言い続けたら獄につなぐ。そういう恐怖政治です。問われるべきは政府です。権力のありったけを動員し、沖縄に襲いかかってくる政府の蛮行そのものです。その思いを今日新たにして控訴し、上級審で争おうと思います」と訴えました。
民意を無視した基地建設の強行や権力による市民への暴力を不問にしながら、市民の些細な抵抗だけを淡々と有罪にする日本の司法。裁判は続きますが、判決は、基地のない平和を願い続けてきた沖縄の思いをまるで無視するかのようなもので、同時にそれは、私たちの平和に生きる権利が権力によって見放されていってしまう様を見ているようで、悔しいものでした。

19日に、山城さんが東京にいらしてくださいます。
中野ゼロホールで、今回の裁判報告と、米軍統治下の沖縄に生まれた山城さん自身の半生をお話していただきます。
米軍統治下の戦後、憲法から切り離された日々、不平等な日米地位協定、基地の強要、米軍による事件事故……。沖縄がなぜ闘い続けるのか。その答えが、山城さんの人生には詰まっています。
これからの沖縄と、日本という国の民主主義、政治のあり方、全てにおいて大切な大切な集会になると信じています。
今こそ、山城さんの言葉に耳を傾けたいのです。
そして何より東京で、大勢の方で山城さんを迎えたいと思っています。
お時間ございましたらぜひ、いらしてください。そして集客がまだたりません。どうか拡散にもご協力いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

------------
とき:2018年3月19日[月]19:00〜[開場18:30]
ところ:なかのZERO小ホール(JRまたは東京メトロ東西線の「中野駅」南口から徒歩8分)
入場料:1000円(資料代込み)※DAYS JAPAN定期購読者700円/高校生以下と75歳以上無料/障害のある方と同伴者1名無料
申し込み:
電話03-3322-0233  メールkikaku@daysjapan.net
申し込みフォーム:goo.gl/sHr2yY
------------
山城博治さん0319チラシ最終

ニュースブログランキング⇒