前兆?海底隆起?三重県伊勢市の夫婦岩周辺の潮が大きく引き、“全身”あらわに・・・


夫婦岩“全身”あらわに
2012年4月11日

 伊勢市二見町江の二見興玉(ふたみおきたま)神社で十日、海に浮かぶ名所の夫婦岩周辺の潮が大きく引き、夫婦岩の全体の姿がすっぽりと現れた。干満の差が中ぐらいの中潮(なかしお)の時期に当たるが、神社に十三年ほど仕える神職は「夫婦岩がこんなに完全に海面から出るのは見たことがない」とびっくり。珍しいという。

 神社によると、干満の差が最大となる大潮のときでも通常、夫婦岩の男岩(おいわ)(高さ九メートル)と女岩(めいわ)(四メートル)のうち、男岩の最下部は海水に漬かっている
 この日は少なくとも午後から、男岩のほか、周囲の岩礁もあらわになるほど潮が引いた。同様の光景は九日も見られた。

 第四管区海上保安本部(名古屋市)によると、計算上は潮位に異常はないという。津地方気象台によると、近くの鳥羽の十日の干潮時の潮位は予測値よりも若干低めだったが「それでも誤差の範囲内。気圧が潮位に影響を与えることもあるが、原因は分からない」と首をかしげている。  
  (渡辺大地)

岩肌があらわになった夫婦岩

岩肌があらわになった夫婦岩や周囲の岩礁=伊勢市の二見興玉神社で

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20120411/CK2012041102000015.html

通常時
b48a7337.jpg




数日前に同じ伊勢市内の勢田川に尋常じゃない数のボラの子供が遡上してたよね
↓↓↓
勢田川に尋常じゃない数のボラ


伊勢の勢田川が「黒(グロ)い川」に-10万匹以上のイナの大群が遡上

伊勢市内を流れる勢田川にボラの子ども「イナ」が大量に湧き、いつもはきれいな川面がヘドロで汚れたように黒くなり、気持ち悪いうねりをみせグロテスクな「黒(グロ)い川」なっている。
(2012-04-04)
http://iseshima.keizai.biz/headline/photo/1382/

cfc9c227.jpg



くる!




地震の前兆150 (宝島SUGOI文庫)

宝島社 (2012-01-13)
売り上げランキング: 103021



ニュースブログランキング⇒