3.11の東日本大震災を予言したとされる松原照子氏がまた「昨年の時のように胸の奥に嫌なものを感じる」と今後の地震を警戒するように警告




昨年の2/16の本人のブログ『幸福の近道』で、「太平洋側は動く気配がムンムンしています。」と述べ、「陸前高田」岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城が危ないと警告し、3.11の東日本大震災を予言したとされる松原照子氏が、今日になって<速報>「注意をなさって下さい」と題し、また警戒を呼びかけているので紹介


以下『幸福の近道』より

<速報> 2012/3/01 13:00
<2012.3.1>
「注意をなさって下さい」

昨年の東日本大地震は余りにも大きく動き過ぎて、太平洋側は未だに活動しています。いつだったか東日本大地震の影響が北海道方向から揺れるのか、茨城と下の方へ揺れるのかと書いたようにうっすらとしか覚えていないのですが、又々、昨年の時のように胸の奥に嫌なものを感じています。

5弱だと被害もなく済みますが、5強となると気になります
今、地図を触っていても、
鹿島灘から福島に向けて、
鹿島灘から千葉に向けては今後共、要注意です。

私の地図には気になる所に線を私が引いています。

(1)太平洋の磐城沖ガス田と書かれた辺りから北茨城を、そして静岡の富士に向かう一方の線
(2)鹿島から千葉を抜け横須賀から伊豆の下田に向かう線
(3)千葉の犬吠崎から房総半島を抜け大島に向かう線

この三本の線が、今日はやけに地図上で光って見えています。
これからの三ヶ月は、要注意時期です。

東京も5クラスはあると思いますし、関東一円・甲信越・栃木・埼玉は何処が揺れても揺れやすく、6クラス以上は起きやすく今日は思っています。

どうか「当たる・当たらない」とお読みになるのではなく、
常日頃から「今 生きている」事を自覚されて、揺れが始まった時は「自分は生きている」と、一言心の中で言われてから行動をとって下さい。

私達は動物の勘を本来は持っています。
自分が生きると思った時、ご自分の動物的勘が甦り、恐怖心や不安がおさまり、冷静な行動がとれると私は信じています。

これからの揺れは、昨年の東日本大地震の余震?の様に何故か思っています。
未だ太平洋側の海底は静まっていません。
それ故に揺れは続く事でしょう。

この地域以外の皆様も油断大敵です。
長野・新潟・宮城・福島、特に福島は今後も揺れると思われます。
http://terukomatsubara.jp/ (cache


3.11の東日本大震災の時も、ネット上では、地震後にブログを書き換えたんじゃないかと、話題でしたが、その後、地震前に松原照子さんのブログのコピペを貼っているブログが存在していることが発覚しています。
幸せを導く未来の暦


当たる当たらないではなく、ひとつのお話として捉えてね。




幸福への近道
幸福への近道
posted with amazlet at 12.03.01
松原 照子
主婦と生活社
売り上げランキング: 10642




ニュースブログランキング⇒