M9級、3500年間に7回 北海道から三陸に巨大津波…これまで想定されず



まだまだ現代の人間が知らない大地震が沢山あるのかも


M9級、3500年間に7回 北海道から三陸に巨大津波 
2012年1月26日 02:03

 東日本大震災に匹敵するマグニチュード(M)9級の超巨大地震が北海道から三陸沖の太平洋で過去3500年間に7回以上発生、大津波が沿岸を繰り返し襲っていたことが25日、平川一臣北海道大特任教授(自然地理学)の調査で分かった。

 北海道根室市―宮城県気仙沼市の400地点以上で確認された津波堆積物の年代比較で、東日本大震災を除く7回分の年代が沿岸全域でほぼ一致。調査結果から千島海溝と日本海溝沿いに震源域が四つあると推定、7回のうち、約2400年前と約3500年前は複数の震源域が同時に活動した可能性があるとしている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/283946


下北沖~陸中でもM9級か…これまで想定されず
読売新聞 1月26日(木)11時18分配信

 これまで超巨大地震の震源域が想定されていなかった太平洋側の下北沖~陸中でも、過去にマグニチュード(M)9級の地震が起きていた可能性があるとの説を、北海道大学の平川一臣特任教授(自然地理学)がまとめ、26日発行の専門誌「科学」で発表した。

 平川さんは東日本大震災後、下北半島などで津波堆積物の調査を行い、北海道から東北地方の太平洋岸で集めた過去3500年間の津波の痕跡データを分析した。その結果、下北沖~陸中では、1000年~1200年の間隔で、3000年前、紀元前後、12~13世紀に、超巨大地震が起きたと推定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000467-yom-sci









ニュースブログランキング⇒