東京湾の中に3つのプレートがぶつかっているところが見つかった! 石原都知事「東京湾の中が大きな震源地になる可能性がある」



a86cf77c.jpg


石原都知事「東京湾の中が大きな震源地になる可能性がある」
1/2ページ

2012年1月28日(土)14時47分配信

 東京都の石原慎太郎知事は、2012年1月27日午後の定例会見で、東京大学地震研究所の平田直教授(観測地震学)らによるブリーフィングの中で出た話として「東京湾の中に3つのプレートがぶつかっているところが見つかったという。初めて聞いた話でびっくりした」と述べた。さらに石原知事は、「こうしたプレート同士がぶつかっている部分は大きな地震のトリガーになりやすい」と指摘し、「大都会が密集する東京湾の中が大きな震源地になる可能性がある」と語った。

 先に、平田教授ら東京大学地震研究所は「マグニチュード7級の首都直下型地震が発生する確率が4年以内で70%」と発表している。今後30年で88%とされる東海地震の発生確率よりも高いのではないかと、都民からは不安の声が上がっている。

 記者から詳細な調査の必要性について問われると、石原知事は「新しいデータが得られるのであれば、国に申し込んで(東京湾の)航行を制限をしてでも本格的な震源地の調査をしてもらいたいし、(調査を)すべきだ」と語った。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw186437


来~~る、きっと来る~♪





地震 停電 放射能  みんなで生き抜く防災術

小学館
売り上げランキング: 2801



ニュースブログランキング⇒