福島県産米「安全宣言」撤回せず 知事「流通してないコメだけが汚染されている」と意味不明な供述




福島県産米「安全宣言」撤回せず 知事「流通不検出米のみ」

 福島県産米が放射能汚染を受けていないとする県の安全宣言の後、県内3地区のコメから国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超す放射性セシウムが検出された問題で、佐藤雄平知事は30日の記者会見で「セシウム不検出のコメだけが流通しており、安全性は保たれている」と述べ、安全宣言を撤回する考えのないことを強調した。
 佐藤知事は安全宣言後に基準値超えのコメが出たことについては「痛恨の極みで消費者に心配を掛けた」と陳謝した。

 県は問題を受け、9~10月の予備検査と本検査のいずれかで微量でもセシウムが検出されたコメの生産農家の所在する28市町村149地区に全戸検査の対象を拡大することを決めた。対象農家は県内約65000戸の全農家の40%近い2万4730戸に上る。
 本検査は1174地点で行われ、いずれのコメの検出量も基準値を下回り、県は10月、安全宣言を出した。検出量が限界値(5~10ベクレル)に満たない「不検出米」に限って流通させている。

2011年12月01日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111201t61005.htm


福島コメ安全宣言.png
この笑顔が腹を立たせる↑↑



大沼地区で基準値越え汚染米が見つかった後、更に伊達市で見つかっているという事態であるにもかかわらず、

『福島県産お米は安全』(`・ω・´)キリッ
とPRに走っちゃう福島県副知事


福島県産お米の安全PR 松本副知事

福島県の松本友作副知事.jpg
上原良幸副知事(右)と会談する福島県の松本友作副知事=28日午前、県庁

2011年11月28日 16時29分

 福島県の松本友作副知事は28日、県庁で上原良幸副知事と会談し、福島県産米について「二重三重の検査をして安全性が確認されたものだけ出荷している」と安全性をPRした。

 JA全農福島によると、沖縄は福島産米が年間約6千トン流通する「全国有数の消費地」。上原副知事は「流通している米は安全と分かった。福島のおいしい米を県民に味わっていただく」と支援を約束した。(共同通信)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-11-28_26637/

さすが!福島県政にブレはない


大波地区の汚染ッぷりを知ってたくせに無視した県
【大波地区コメ汚染問題】大波地区の畑は1万ベクレルの汚染!農家が市や県に何度も訴えるもフル無視だった
どこまでもブレない奴らである



知ってて無視したなら犯罪じゃない?。


九州産 白米 ヒノヒカリ 10キロ 平成23年産
日南海岸黒潮市場
売り上げランキング: 481



ニュースブログランキング⇒