【玄海原発冷却水漏れ1.8トン】ポンプ温度上昇トラブルだけを発表し、放射能汚染冷却水漏れの事実を公表せず隠蔽



62b92975.jpg


佐賀・玄海原発:3号機で冷却水漏れ 建屋内に1.8トン 九州電力、公表せず

 九州電力は9日深夜、定期検査中の玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3号機で、1次冷却水の浄化やホウ素濃度調整をするポンプから1次冷却水1・8トンが漏れたことを明らかにした。九電は当初ポンプの温度上昇のみを同日午後3時半以降に佐賀、長崎両県や報道各社に伝えたが、1次冷却水漏れは公表しなかった。

 九電によると、9日午前10時48分、3号機の充填(じゅうてん)ポンプ3台のうち稼働中だった1台で、通常は30~40度の温度が80度以上に上昇して警報が鳴った。このため、休止していた他のポンプに切り替えた。1次冷却水はコバルトなどの放射性物質を含んだ汚染水で、原子炉補助建屋内のピットと呼ばれる回収ますに出たが、回収。外部への影響はないという。

 3号機は昨年12月11日に定期検査入り。原子炉内には燃料が装着されており、冷温停止状態を保つために冷却水を循環させていた。九電は高温になった原因は、冷却水不足や1次冷却水の不良などの可能性があるとみて調べている。

 九電は、温度上昇の警報が鳴った約4時間半後の9日午後3時半以降に佐賀、長崎両県、同6時ごろに報道各社にポンプの異常のみを知らせた。汚染水漏れについては、報道機関の問い合わせに、事実関係を認めていた。九電によると、汚染水漏れが設備内にとどまっているケースでは法規上、公表する必要はないという。九電は「1次冷却水の漏れは原子炉補助建屋内にとどまっており、広報する必要はないと判断した」と説明した。

 経済産業省原子力安全・保安院も、今回のポンプの異常や冷却水漏れは、法令による報告義務の対象にあたらないとしている。ただし、九電からは、警報が鳴ってすぐにポンプを停止し、冷却水が外部に漏れていないことや、モニタリングデータに問題がないとの報告があり、原因を調査することを確認したという。【中山裕司、竹花周】

毎日新聞 2011年12月10日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111209dde041040035000c.html

ポンプ温度上昇トラブルだけ公表して、汚染水漏れだけ発表しない意味がわからん。


九電、いつまでたっても反省なし。

こんな奴らを信用しろっていうのがムリ


原発事故はなぜくりかえすのか (岩波新書)
高木 仁三郎
岩波書店
売り上げランキング: 17321



ニュースブログランキング⇒