コメ汚染の落ち葉原因説 二本松の水田、東大調査


コメ汚染の落ち葉原因説 二本松の水田、東大調査

 福島県二本松市の水田1カ所で栽培されたコメから9月、周辺より特に高い1キログラム当たり500ベクレル(国の暫定基準値と同数値)の放射性セシウムが検出された問題で、この水田のイネは、通常とは逆に、穂に近い新しい葉ほどセシウムの濃度が高かったことが東京大の根本圭介教授(栽培学)の研究で20日までに分かった。

 新しい葉は7月末~8月の夏場に育ったもので、高濃度のセシウムが付着した裏山の落ち葉が、夏の暑い時期に腐食が進んで分解され、水に溶けて田んぼに流れ込んだと根本教授は推測している。
 これまでの福島県の調査などでは、放射性物質を吸着しにくい砂に近い土壌が原因と考えられていたが、新たに「落ち葉原因説」が浮かび上がった形だ。

 根本教授は、この水田のイネの葉や茎を詳細に調査。葉に含まれる放射性セシウムは、穂に近い一番上の葉が最も高く、下の葉になるほど数値が低かった。一番上の葉は、数値が最も低い葉の約3倍の濃度だった。茎でもほぼ同様の結果だった。通常は、後から育った上の葉ほど数値が低くなる傾向があるという。
 福島県によると、この水田は裏山が迫る地形で原発事故発生時、広葉樹の落ち葉が山一面に積もっていた。今月、1キログラム当たり630ベクレルの放射性セシウムが検出された福島市大波地区の水田も似た地形とされる。根本教授は「詳しく調べる必要がある」と話している。

 500ベクレルが検出された二本松市の水田を所有する男性は「豊富な栄養を含んだ山の水が流れ込むのがこの田のいいところだったが、落ち葉が原因とすれば裏目に出た形だ」と話した。


2011年11月21日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/11/20111121t65002.htm

山に積もった落ち葉が原因なら、そんな地形の場所、腐るほどあると思うけど・・・

ん~どうでしょう?




東大調査と聞いただけで、全て疑わしく思っちゃう。


とりあえず、お世話になった方に、福島のコメをお歳暮で送るか

福島米、お歳暮商品に=老舗百貨店「販売機会確保したい」
時事通信 11月20日(日)14時41分配信

 東京電力福島第1原発事故で「福島産」への風評被害が広がる中、老舗百貨店の高島屋が今冬のお歳暮商品に、福島のコメを採用した。「買う買わないは、あくまでお客さまの選択ですが…」。消費者の反応を気にしながらの手探りの試みだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111120-00000033-jij-soci





ニュースブログランキング⇒