放射能汚染水、4千キロ東沖まで拡散 海洋研究開発機構推計



隣国の皆さん!どうか賠償を求めるようなことはございません様お願い致します。



放射能汚染水、4千キロ東まで拡散 国内研究機関が推計

 東京電力福島第一原発の事故で海に流れ出た放射能汚染水が約4千キロ東の日付変更線まで広がっている――。こんな推計結果を海洋研究開発機構が公表した。放射性セシウム137の濃度の推計で、飲料水の基準の2千分の1以下だが、事故前の10倍以上になるという。

 同機構の升本順夫・短期気候変動応用予測研究プログラムディレクターらが、第一原発近くの海で測定された放射能濃度をもとに海の対流などを考慮して広がり方を探った。

 第一原発では事故後、取水口付近にある作業用ピット(穴)の壁の亀裂から高濃度の放射能汚染水などが漏れ出た。推計結果によると、汚染水は岸沿いにまず広がり、沖合へと徐々に広がった。黒潮と親潮との間の複雑な流れの中で拡散した後、さらに東へ流れ、事故から4、5カ月で日付変更線に達した。

セシウム汚染水の拡散シミュレーション.jpg

楳図かずお2.jpg


福島第一セシウム、カムチャツカ沖の深海5千Mまで到達
2011年11月20日20時51分

 東京電力福島第一原発から出た放射性セシウムが事故から約1カ月後に、2千キロ離れた深海5千メートル地点まで到達していたことが、海洋研究開発機構の観測でわかった。大気中のセシウムが海に落ち、プランクトンの死骸などに付着して沈んだようだ。20日、都内で開かれた報告会で発表された。

 同機構は4月18~30日、福島から2千キロ離れたカムチャツカ半島沖と、1千キロ離れた小笠原列島沖の深海5千メートルで、プランクトンの死骸や砂などからなる1ミリ以下の粒子「マリンスノー」を採取して分析した。この結果、両地点でセシウムを検出した。セシウム137と134の比率などから、原発から出たものと判断された。濃度は解析中という。海洋中の放射性物質は、海流のほか、様々なルートで移動、拡散している実態が裏付けられた。(瀬川茂子)

8b955326.jpg


楳図かずお2.jpg

放射能による海洋汚染をラグランジュ粒子の分散方法で予測したもの

海洋汚染をラグランジュ粒子の分散方法で予想2.jpg
海洋汚染をラグランジュ粒子の分散方法で予想3.jpg
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48272237.html

楳図かずお2.jpg


養殖再開 カキ味わおう
2011年11月12日

 ●宮城・かきまつりin桂島
 東日本大震災を生き抜いたカキで島を盛り上げようと、「第4回かきまつりin桂島」が13日、宮城県塩釜市浦戸桂島のカキ処理場前で行われる。
 先着200人に焼きガキとカキ汁が無料で振る舞われる。物販コーナーでは、カキカレーやカキフライを味わえる。
 桂島では、津波で養殖カキと漁具が流された。震災後、一度は流された漁具が各地から寄せられ、6月には近隣の3島で生き残った種ガキを譲り受け、カキ養殖を再開した。主催者は「全国からの支援への感謝と島の復興を伝える祭りにしたい」と話す。
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000491111120004


楳図かずお3.jpg

『・・・・』



ちなみに海洋研究開発機構が公表したものは、単なるシミュレーションです。
今更シミュレーション出してんじゃねーよ。


食卓にあがった放射能
高木 仁三郎 渡辺 美紀子
七つ森書館
売り上げランキング: 2620



ニュースブログランキング⇒