群馬のクリニック 患者の甲状腺機能原発事故後に低下 学会で発表



患者の甲状腺機能原発事故後に低下
群馬のクリニック

東京電力福島第一原発の事故後、群馬県内で甲状腺疾患のある患者に甲状腺機能の低下傾向がみられると、宮下和也・宮下クリニック院長(同県高崎市)が22日、大阪市で開かれた日本甲状腺学会で発表した。

宮下院長は、同クリニックの患者のうち、甲状腺機能が正常な状態で安定し薬の中断や変更がなく、ヨウ素の過剰摂取や妊娠・出産、花粉症など甲状腺機能に影響する他の要因もない1175人について事故前と事故3か月以内の甲状腺ホルモン「フリーT4」と甲状腺刺激ホルモン「TSH」の変化を調べた。

その結果、939人(80%)で、フリーT4が低下し低下を補うために分泌されるTSHは上昇した。
フリーT4の平均値は1・37から0・92へと正常下限まで低下TSHの平均値は1・5から5・2と、正常上限の4を上回った。

宮下院長によると、甲状腺機能の低下は、気力の低下や疲れやすさなどを招くが甲状腺がんの発症に結びつくものではない。「被曝(ひばく)量がわからないため原発事故との関連は不明だが、これまでこのような変化を経験したことはなかった。
変化の原因の検証と長期的な経過観察が必要だと思う」と話している。

読売新聞 2011.11.23
患者の甲状腺機能原発事故後に低下.JPG
http://twitter.com/#!/OmisoshiruCom/status/139120349605396480/photo/1






ニュースブログランキング⇒