宮城産のカキ稚貝届く 長崎県、諫早湾で養殖「少しでも支援になればとの思いで、今年も宮城に稚貝をお願いした」




宮城産のカキ稚貝届く 小長井町漁協
2011年11月25日 01:09

 東日本大震災で被災した宮城県の業者から、ホタテの貝殻に付着させたカキの稚貝が24日、諫早市の小長井町漁協に届いた=写真。稚貝は数ミリ-2センチ程度に育っており、同漁協の漁師約40人が諫早湾で養殖し、来年11月以降に出荷されるという。

 同漁協は7月、組合員12人を宮城県に派遣し、稚貝を育てる作業を手伝った。担当者は「少しでも支援になればとの思いで、今年も宮城に稚貝をお願いした」と話した。

 同漁協によると、この日着いたホタテの貝殻は約42万枚。11日に届いていた分と合わせると、約70万枚に上る。現地で放射性物質の検査も済ませており、問題ないという結果が得られている。

 同漁協では今冬の養殖カキの販売も始めており、多くが死滅した昨年を上回る200トン前後の水揚げを見込んでいるという。

=2011/11/25付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/274862

>「少しでも支援になればとの思いで、今年も宮城に稚貝をお願いした」
いい話だ~

貝の外殻についている放射性物質は検査したのかな?



同様のやさしさを表現すると

アンパンマン.JPG
顎の辺りからね



1日500億ベクレルの放射性セシウムが宮城県の海に流れ込みます。
福島県中央部を流れる阿武隈川から海へ1日500億ベクレル 放射性セシウム

放射能汚染水、4千キロ東沖まで拡散 海洋研究開発機構推計


風評被害をやっつけろ!



ニュースブログランキング⇒