M9級地震「30年以内に30%」 三陸から房総沖



今後30年以内に三陸沖から房総沖にかけての地震の想定

M9クラスの地震起きる確率 ・・・30%
M7.6クラスの地震起きる確率・・・90%



M9級地震「30年以内に30%」 三陸から房総沖

図:三陸沖から房総沖にかけての地震の想定.jpg
三陸沖から房総沖にかけての地震の想定


 東日本大震災を受けて、政府の地震調査研究推進本部(地震本部)は24日、三陸沖から房総沖で起きる恐れがある地震の発生確率を見直した結果を公表した。将来起きる地震の予測として初めてマグニチュード(M)9を想定。三陸沖北部から房総沖の日本海溝寄りで、今後30年以内にM9クラスの地震が30%の確率で起きると予測した。

 地震本部は、東日本大震災の発生を想定できなかったことから、将来起きる地震の規模や発生確率の評価手法、発表の方法について見直しを進めている。

 見直しでは、東日本大震災を起こした部分の多くはエネルギーを解放したとして、三陸沖から茨城県沖までが連動するような今回と同タイプの地震の再来は、30年以内の発生確率を0%とした。しかし、今回の震源域外の三陸沖北部や、震源域の中心から外れた福島県沖以南では、エネルギーをすべて解放したか不明として、予測し直した。

M7クラスだと確率スゴイ高い。

まぁ東日本大震災来るまでは、
『M8以上は来ない』(`・ω・´)キリッ

だったし何があるかわかんないよね。



地震が起こるぞ!関連記事
北海道大学のM9クラスの『第二次東日本大震災』が12月から2012年01月にかけて発生するかも!という警告が話題

3.11前日に『明日巨大地震来ると友人が言ってる』というYahoo!知恵袋の質問がスゴイ

東日本大震災で、富士山の一部が“隆起”し始めた

首都圏でM7級の地震が今後30年以内に起きる確率98% 地震活発化でM3以上の頻度、震災前の6.6倍-東大解析

【東京終了】首都圏直下は、複数の震源域が連動して巨大化する場合もある「プレート境界型」の地震が起きやすくなっていると判明




ニュースブログランキング⇒