福島第一原発、吉田昌郎所長、病気療養のため急遽退任



あの吉田昌郎所長、病気療養のため退任へ

 東京電力は28日、福島第一原子力発電所で、事故発生以降、復旧作業の陣頭指揮を取ってきた吉田昌郎所長(56)が病気療養のために12月1日付けで所長の任を解くと発表した。

 後任には、原子力・立地本部原子力運営管理部の高橋毅部長(54)が就く。吉田所長は28日「医師の判断で急きょ、入院治療を余儀なくされ、残念ながら重要な時期に(復旧の拠点である)免震棟を去らざるを得ません」とのメッセージを発表した。

 吉田所長は昨年6月に所長に就任。今回の事故対応では、事故直後の3月12日に東電本店が1号機への海水注入の一時中断を決めたが、独断で海水注入を継続するなど、現場で強いリーダーシップを発揮してきた。今月12日に原発敷地内に事故後初めて入った報道陣に対して、「3月11日から1週間が一番厳しかった。死ぬかと思ったことが数度あった」と答えていた。

 吉田所長は、原子力・立地本部付となる。東電は、吉田所長の病名など詳しい経過は明らかにしていないが、現在、入院治療中としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111128-OYT1T00767.htm

東電によると、『詳しい病状はプライバシーのため言えない』らしいです
はいはい、プライベート、プライベート。


休養ではなく退任ってことは、結構深刻なのかな

いろいろ吉田所長の事は言われていますが、吉田所長は事故の状態や事故原因の詳細を最もよく知ってる人間。
本当に東電の言う通りたいしたこと無いなら、早く良くなって貰って、本当の事をいろいろ追求して(されて)欲しい。ムリかな。
現場の責任者として原発が本当に収束する最後まで頑張ってもらいたい。
酷かしら?


現場の責任者は倒れ・・・


一方、当時の全てにおける責任者は


管お遍路2.jpg
管お遍路.jpg
もうそんなこと、すっかりドウでもよくなっていたのであった・・・


↑はドウでもいいとして、

吉田所長が退任すると同時に↓↓こういった発表するんだもんなぁ
本当にセコくて、イヤラシイ


福島第1原発:08年に津波可能性 本店は対策指示せず

2011年11月28日 2時0分

 2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。東電関係者が明らかにした。

 原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。
http://mainichi.jp/select/today/news/20111128k0000m040140000c.html

結局2008年に、想定を大きく超える津波が来ること判ってた癖に、原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と何も対策しなかったんだよね。でメルトダウン。

そして、その時の原子力設備管理部・部長が吉田昌郎現福島第1原発所長。

イヤラシイよね。辞める時になってコソっと発表しやがってさ。


闇に消される原発被曝者
樋口 健二
八月書館
売り上げランキング: 85988



ニュースブログランキング⇒