どんどん発覚!伊達市でもコメ基準値超 福島市大波地区に隣接




伊達市でもコメ基準値超 福島市大波地区に隣接

 福島県伊達市の一部地域で収穫されたコメから、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことが28日、分かった。

 福島県によると、基準値超えが確認されたのは、伊達市の旧小国村と旧月館町にある農家3戸。政府は当該地域を対象に、29日にもコメの出荷停止を指示する方針を固めた。

 隣接する福島市大波地区でも既にコメの基準値超えが判明しており、最大で1キログラム当たり1270ベクレルを検出している。

2011/11/28 22:39 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112801001856.html

すでに9キロ消費者に

県によると、このうち、伊達市の旧小国村のもち米9キロが地元の直売所から消費者に売られていた。基準超えのコメの一般消費者への流通が分かったのは初めて。

 県によると、伊達市の旧小国村では、101戸の農家の119サンプルのうち2戸の2サンプルで1キロあたり580ベクレルと780ベクレルを検出。同市の旧月舘町では、6戸の8サンプルのうち1戸1サンプルで同1050ベクレルを検出した。
http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY201111280600.html


伊達市.jpg





ニュースブログランキング⇒