千葉・柏の市有地、地層で45万ベクレル検出

 千葉県柏市の市有地で局所的に高い放射線量が検出された問題で、環境省は28日、地表から深さ5~10センチの地層で1キロ・グラムあたり最高約45万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。


 調査は今月1、2日に実施された。同省は「東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質が蓄積している可能性が高い」と指摘。セシウムを含む雨水が側溝側面の破損した部分から浸透し、放射性物質の濃度が増したとみている。同省は追加調査を行い、汚染範囲などを推定する。

 柏市が10月に発表したこの地層近くの調査結果では、最高で同約27万ベクレルの放射性セシウムが検出されている。

(2011年11月28日22時02分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111128-OYT1T01070.htm?from=main2


おそらく以前の↓↓と同じ場所でしょうか。


柏市 関連記事
【速報】千葉県柏市の空き地で57.5マイクロシーベルト/hの放射線量計測

【柏市57.5μSvの駐車場の土壌調査の結果】地表面でセシウム155,300Bq/kg、地表から30cm下で276,000Bq/kg検出

【柏市の空き地から57.5μSV/h問題】雨水に含まれた放射性物質が地中に蓄積された可能性【それって最悪の結果じゃない?】



ニュースブログランキング⇒