福島県産のコシヒカリやひとめぼれを宮城県産と偽造表示して販売



昨日も、栃木県産のコシヒカリと宮城県産のササニシキを混ぜたものを栃木県産のコシヒカリと偽って販売していたと業者が捕まってましたが、
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/51070750.html


また、今日も


(1)福島県産のコシヒカリやひとめぼれを宮城県産と表示
(2)一般の宮城県産ササニシキを同県産の特別栽培米ササニシキと表示
(3)未検査米を青森県産つがるロマンや宮城県産みやこがねもちと表示


として業者摘発


仙台の米穀卸「ケンベイミヤギ」 産地や銘柄を不正表示

 米穀卸の宮城県内大手、協同組合ケンベイミヤギ(仙台市太白区、岡部英之理事長)が一般消費者向けの精米商品で、実際とは異なる産地や銘柄を表示し、販売していたことが28日、分かった。東北農政局や宮城県など関係機関は日本農林規格(JAS)法違反などの疑いがあるとして、ケンベイへの立ち入り調査を実施。行政指導・処分の検討に入った。

 関係者によると、ケンベイは2010年から11年にかけて(1)福島県産のコシヒカリやひとめぼれを宮城県産と表示(2)一般の宮城県産ササニシキを同県産の特別栽培米ササニシキと表示(3)未検査米を青森県産つがるロマンや宮城県産みやこがねもちと表示―するなどして販売した疑いが持たれている。
 農政局などの調査に対し、ケンベイは事実と異なる表示をしたことを認めているという。
 調査では、ケンベイが仕入れや出荷などの帳簿や台帳を適正な形で作成・保管しておらず、取引の実態が不明確なことも判明。宮城県は、取引記録の作成・保存を義務づけた米トレーサビリティー法に抵触する疑いもあるとみている。

 ケンベイの岡部理事長は河北新報社の取材に対し、「経営改善のための大幅な人員削減や東日本大震災後の混乱の中で表示ミスが起きた。管理不十分と言われれば返す言葉がないが、意図的な偽装ではない」と説明。「消費者には申し訳ない結果になったという気持ちはある」と話した。
 ケンベイミヤギは1951年、宮城県米穀卸販売協同組合として設立。91年に塩釜米穀卸協同組合と合併し、現在の名称となった。組合員は小売業者などの108人(2010年度)。帝国データバンクや東京商工リサーチによると、11年3月期の売上高は約13億3000万円。

2011年11月29日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/11/20111129t13013.htm

言っておきますがこんなのは、

“日常ちゃめしごと”です

お茶づけ並にさらさらです。


更に、昨日は


伊達市でも基準値超えのコメが発覚し
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/51112670.html



そんな中・・・イケシャアシャアと


『福島県産お米は安全』(`・ω・´)キリッ
とPRに走る福島県副知事


福島県産お米の安全PR 松本副知事

福島県の松本友作副知事.jpg
上原良幸副知事(右)と会談する福島県の松本友作副知事=28日午前、県庁

2011年11月28日 16時29分

 福島県の松本友作副知事は28日、県庁で上原良幸副知事と会談し、福島県産米について「二重三重の検査をして安全性が確認されたものだけ出荷している」と安全性をPRした。

 JA全農福島によると、沖縄は福島産米が年間約6千トン流通する「全国有数の消費地」。上原副知事は「流通している米は安全と分かった。福島のおいしい米を県民に味わっていただく」と支援を約束した。(共同通信)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-11-28_26637/


食べて応援( ゚ω^ )v

できるか!.JPG



九州産 白米 ヒノヒカリ 10キロ 平成23年産
日南海岸黒潮市場
売り上げランキング: 628



ニュースブログランキング⇒