東京・世田谷のスーパーの植え込み付近で110マイクロシーベルト


10cabd43.jpg

8c0e3769.jpg


東京・世田谷で110マイクロシーベルト スーパー付近

 東京都世田谷区は28日夜、同区八幡山1丁目のスーパーの敷地周辺で、最大で毎時110マイクロシーベルトの放射線量を測定したと発表した。会見した保坂展人区長は「原因は地中にあるのではないか」と述べた。

 同日午後1時半ごろ、区民より「放射線量が高い場所がある」と通報があり、同日夜までに文部科学省が測定した。スーパー「パワーラークス世田谷店」敷地周辺の2カ所で値が高く、歩道の植え込み付近の地表で毎時約110マイクロシーベルト(地上1メートルで4.7マイクロシーベルト)、店の玄関前の地表で毎時30~40マイクロシーベルト(地上1メートルで10マイクロシーベルト)を検出した。

 文部科学省が屋外活動を制限する目安とした毎時3.8マイクロシーベルトより高く、区は検出場所の周辺に土嚢(どのう)を積んだほか、歩道を通行止めにして、立ち入りを制限している。


「パワーラークス世田谷店」
(画像クリックでGoogle MAPへ)
パワーラークス世田谷店.png

↓↓↓
追記

世田谷、再調査で170マイクロシーベルト 文科省発表

 東京都世田谷区で見つかった高い放射線量の地点について、文部科学省は29日未明、再調査の結果、最大で毎時170マイクロシーベルトを検出したと発表した。放射性物質の種類は特定できなかったが、放射線を出している物質はアスファルトの下にあると考えられ、福島第一原発事故による影響の可能性は低いという。

 文科省や世田谷区によると28日午後11時半ごろまで再調査した結果、スーパー「パワーラークス世田谷店」敷地内外の2カ所で値が高く、建物そばの歩道表面で毎時170マイクロシーベルト(地表1メートルで4.7マイクロシーベルト)、店の玄関前の地表で毎時110マイクロシーベルト(地表1メートルで10マイクロシーベルト)だった。
http://www.asahi.com/national/update/1029/TKY201110290003.html



自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)
ウラジーミル・バベンコ ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所
世界文化社
売り上げランキング: 22




ニュースブログランキング⇒