多摩の汚泥焼却灰が東京湾に埋め立て開始されたが、焼却灰の埋め立ての様子に「飛散しまくってんじゃん!」「扱い適当過ぎ」の声多数



多摩の汚泥焼却灰 東京湾に.jpg

多摩の汚泥焼却灰 東京湾に埋め立て開始
2011年10月27日



 放射性物質を含む汚泥の焼却灰が多摩地域に仮置きされていた問題で、東京都はきょうから東京湾にある中央防波堤に焼却灰を埋め立てる作業を開始しました。

 多摩地域では下水道処理施設から出た汚泥が5月に放射性物質を検出したことから、資源として再利用できずに施設で保管されていました。多摩の7つの下水道処理施設で保管されている焼却灰はおよそ3000トンで保管スペースも限界に近づいていました。

 焼却灰はおよそ800ヘクタールある中央防波堤の埋め立て地で行われています。焼却灰は施設を出た後、飛散しないよう別の施設で処理し、ふた付きのトラックで運び、焼却灰を含んだ土の上に別の土をかぶせていきます。都は焼却灰が放射能の埋め立て基準値を下回っているほか、万全の飛散防止策をしていると話します。下水道局の新井進さんは「厳重に管理して運んで飛散防止をした上で埋め立てていますので、万全に対応していきたい」としています。
 都では今後、セメントなどへのリサイクルを再開できるよう各方面に働き掛けていく方針です。
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201110276.html



多摩の汚泥焼却灰 東京湾に2.jpg
多摩の汚泥焼却灰 東京湾に3.jpg

しかも、

埋め立ててる様子で見ると、中央防波堤の管理型か安定型の場所

8000ベクレル以下なんて馬鹿げた値なんで、有害廃棄物として、コンクリートで覆われた遮蔽型に埋め立てるべき
遮蔽型最終処分場.png

最終処分場の違いは
最終処分場の構造は どうなっているの?



都では今後、セメントなどへのリサイクルを再開できるよう各方面に働き掛けていく方針です。
多摩の汚泥焼却灰 東京湾に4.jpg
お断りします。



そして、まだまだ

これから岩手より11月から13年度までで50万トンがれきがやってきて、都内でボウボウ燃やして、中央防波堤にドッサリ埋め立てるよ


都のがれき受け入れ11月から 13年度まで50万トン

 東京都は26日、東日本大震災で発生した岩手県宮古市のがれきの受け入れを11月2日に始めることを決めた。来年3月までに計1万1千トンを処理する予定。

 都によると、宮古市の仮置き場に置かれているがれきをコンテナに積み込み、JR貨物で鉄道輸送。江東区と大田区の中間処理施設で破砕する。可燃物は江東区の焼却施設で焼却し、焼却灰と不燃物を都の埋め立て処分場で処分する。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102601000639.html



こうして原発被害は広がった 先行のチェルノブイリ
ピアズ・ポール・リード
文藝春秋
売り上げランキング: 44590




ニュースブログランキング⇒