老朽化事故を起こした原発の立地自治体長が、自ら40年を超えての運転を希望する・・・
イカレテるといしか言いようがない


「安全確認し再稼働を」と要望 福井県美浜町長
2012年7月12日 12時57分

 関西電力美浜原発が立地する福井県美浜町の山口治太郎町長らが12日、経済産業省を訪れ、安全が確認された原発の早期再稼働や、運転期間を原則40年とする制度を一律的に適用しないことなどを求める要望書を北神圭朗政務官に提出した。原発の40年制限について「プラント個々の安全性を厳格に審査した上で慎重な運用を求める」と主張している。

 美浜原発1、2号機など、経産省原子力安全・保安院が40年を超えての運転を可能と判断している原発に関し、9月に発足する原子力規制委員会の下でどう対応するのか詳細な説明も要望した。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071201000998.html

40年で廃炉にしよう!としたのは、
『原子炉内は、燃料の核分裂で中性子線が当たっており、金属部分がもろくなるほか、高温・高圧の水蒸気が流れている配管では内部がすり減っていく減肉現象が起こる。』
事が判ってるからです。



『2004年8月、美浜原子力発電所3号機では配管がこの現象で破損し、11人の死傷者を出す大惨事となった。』
わけです。

美浜原発で老朽化による事故が起きてるのに、その立地自治体の長が「40年一律撤廃」を止めろとはどういうことだYO!!

>町長「安全確認し再稼働を」
↓↓↓
安全点検、全てが出来るわけじゃないんだぞ!

金属材料学が専門の井野博満・東京大学名誉教授は「原子炉容器は交換できない上、大規模なプラントでは点検できない場所もある。見落としでもあれば大事故の可能性もあり、延命すべきではない」と指摘。
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/46915718.html



脆性遷移温度・美浜1号機は81℃,2号機が78℃,しかない
危険度ランキング2
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56768330.html



さ☆ら☆に、
美浜原発@活断層群
敦賀半島と原発と活断層

美浜原発のすぐそばにある『野坂断層、B層、大陸棚外縁断層の連動総延長は49Kmの巨大断層

原発設計時、この3つの断層の連動は想定されていません。
耐震設計値は、たったの美浜1号機と2号機は400ガル、美浜3号機は405ガルでございます。



美浜とか一番ヤバイのに・・・町長が知らないとかないよね




ニュースブログランキング⇒