東電定例会見の時は

アイナメから基準の250倍(2万5800ベクレル/kg)の放射性物質が検出

っていう発表だったけど、


東電は2匹まとめて検査⇒ならして低くして発表したようですね。
会見の時は、2匹を混ぜて検査したからわからないって言ってたのに
アイナメの基準超 1匹は380倍
8月21日 21時14分

福島県の沿岸で東京電力が行った魚介類の調査で、アイナメから食品の基準の380倍と、これまでの調査で最大となる放射性セシウムが検出されました。

東京電力は、ことし3月から福島第一原子力発電所から20キロ圏内の海域で魚介類への放射性物質の影響を調べています。
先月18日と23日、それに今月1日に行った調査では、合わせて5つのポイントで20種類の魚介類を採取し、放射性セシウムの濃度を測定しました。
その結果、今月1日に南相馬市原町区の太田川の沖合1キロで採取したアイナメ2匹分の検体から食品の基準の258倍の1キログラム当たり2万5800ベクレルが検出されました。
 
高い値が出たことから、1匹ずつ詳しく調べたところ、1匹からは基準の380倍の3万8000ベクレル、もう一方から基準の93倍の9300ベクレルが検出されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120821/k10014438841000.html  
>高い値が出たことから、1匹ずつ詳しく調べたところ、
 最初の発表の時に、本当はこの事が解ってたんだろうね。 でも、判らない振りして2匹を混ぜた値を発表したんだろうな。


3万8000ベクレルでも2万5000ベクレルでもヤバすぎるのは変わらないけど。
ニュースブログランキング⇒