原発の無い石原都知事、橋下大阪市長らは拒絶したが、差は何なんだろ?

浜岡原発:静岡県知事が賛意 再稼働是非の住民投票

毎日新聞 2012年08月27日 20時30分(最終更新 08月27日 21時32分)

記者会見で住民投票条例案に賛成の意見をつけることを明言した川勝平太知事=静岡市葵区の県庁で2012年8月27日午後2時13分、小玉沙織撮影
記者会見で住民投票条例案に賛成の意見をつけることを明言した川勝平太知事=静岡市葵区の県庁で2012年8月27日午後2時13分、小玉沙織撮影

 静岡県の市民団体「原発県民投票静岡」(鈴木望代表)は27日、16万5127人分の署名を添えて中部電力浜岡原発(同県御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例の制定を川勝平太知事に直接請求した。川勝知事は同日の定例記者会見で、「16万人の署名は大きい。住民投票の実現に向け努力したい」と条例制定に賛意を示した。

 川勝知事は今後、賛成の意見をつけた条例案を県議会9月定例会に提案する見通し。過半数を占める最大会派「自民改革会議」と知事与党で第2会派の「民主党・ふじのくに県議団」は、ともに賛否を決めていない。

 鈴木代表は提出後の記者会見で「川勝知事はこれまで住民投票に否定的だと思っていたので、賛成には本当に驚いた。議会も知事の決断を受け止めて、条例案を可決してもらいたい」と語った。

 東京電力福島第1原発事故以降、原発に関する住民投票の直接請求は大阪市と東京都で行われ、いずれも首長が反対し条例案は議会で否決されている。【小玉沙織】
 http://mainichi.jp/select/news/20120828k0000m040059000c.html

新潟は、泉田裕彦知事が原発の運営について懐疑的見解持っていると思われるので問題なさそう
再稼働住民投票条例を直接請求へ  新潟・柏崎刈羽原発
(2012年8月22日午後8時38分)
 
 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働の賛否を問う県民投票条例の制定を目指し、署名活動をしていた市民団体は22日、直接請求に必要な約4万(県内有権者の50分の1)を超える署名数を集めたと明らかにした。
 各市町村の選挙管理委員会が署名の有効性を認めれば、12月中旬にも直接請求する予定。その後、泉田裕彦知事が意見を付け、条例案を県議会に提出する。出席議員の過半数が賛成すれば、可決される。
 同様の住民投票条例案は、大阪市と東京都の両議会が否決。静岡県では別の市民団体が必要な署名数を集め、27日に知事に直接請求する予定。
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/politics/614400.html
だけど、

もし福井で同じ事になったら、福井県知事の西川氏は賛同するのだろうか?





「原発」国民投票 (集英社新書)
今井 一
集英社 (2011-08-17)
売り上げランキング: 104628
ニュースブログランキング⇒