某民放2番組と某国営放送のプロパガンダっぷりを比較

まず、
某民放番組A
政府の試算を、%に沿って、そのまま出している 
原発ゼロなら家計負担2倍とプロパガンダ4
何故そうなるのかの、検証も何も無い、政府の言うがまま放送

一体、燃料のコストは幾らで見積もっているのか?
為替は幾らで計算されているのか?
火力は、CO2で温暖化とというが、最新式の火力施設導入は?
原発の核燃料の処理費用はどうやって見積もっているのか?


何一つ、政府の試算内容を検討せず、ただ『コストが~、電気代が~』と論ずる
原発ゼロなら家計負担2倍とプロパガンダ5


そしてもっとヒドイ
某民放番組B
原発ゼロなら家計負担2倍とプロパガンダ3

政府の試算
0%     1万4000~2万1000円
15%     1万4000~1万8000円 
20~25%  1万2000~1万8000円


0%の一番高い試算(1万円+2万1000円)=3万2000円の部分だけ紹介し、0%だけ激高のような印象を与える
25%だって(1万円+1万8000円)=2万8000円でどっちにしろ値上がっているのに

※1万円は今の電気代


そして、原発が止まると 使用済み核燃料を再利用できないので処分に困るとミスリード
(原発は動かせば、どっちにしろ燃料プールがいっぱいになるし、再生される混合酸化物燃料(MOX燃料)は使う計画すらない)

5



そして、
もっともヒドイ
某国営放送

中身の説明は全く無く、家計負担が倍増する!と原発ゼロの場合の最大負担値とゼロになった時のデメリットだけ放送 
原発ゼロなら家計負担2倍とプロパガンダ
>原発ゼロの課題
>⇒青森県が再利用前提に受け入れた使用済み核燃料の扱い

もともと再生される混合酸化物燃料(MOX燃料)は使う計画がないくせに何を言っているのか?
そして
原発が稼動したって、燃料プールがいっぱいになることは伏せている

そして、原発ゼロになれば、負担が増えると脅す
原発ゼロなら家計負担2倍とプロパガンダ2
よく見て欲しい
何故、比較対象が“おととし”の光熱費なのか?
しかも何故、電気代ではなく『光熱費
 なのか?

インチキにより、より高く見積もって、恐怖心を煽っているのではないだろうか?!


※民放2社は同じテレビ局とのことでしたゴメンなさい
訂正しました

 



プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
アンソニー プラトカニス エリオット アロンソン
誠信書房
売り上げランキング: 7410



ニュースブログランキング⇒