放射能廃棄物最終処分場の“矢板矢板市塩田”は活断層の真上だと発覚

 先日、「栃木県矢板市塩田字大石久保』に放射性廃棄物の最終処分場を作るというニュースあったでしょ。

↓↓↓コレね 
8000ベクレルを超えの放射性物質に汚染された焼却灰や汚泥を処理する最終処分場、まず1つ目は、栃木県矢板市に決定

矢板市 最終処分場

で、この最終処分場建設予定地が実は、
関谷断層( 活断層 )の真上じゃん!!ということが話題になっています。


関谷断層
関谷断層
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kanto/p09_tochigi.htm

栃木県矢板市塩田は薄い赤色の囲いです。
栃木県矢板市塩田   Google マップ



関谷断層栃木県矢板市塩田   Google マップ

完全に一致!



で、もしこの活断層が動いたら

関谷断層
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f030_sekiya.htm

終~了~

60年前にもこの関谷断層が原因と思われる地震が発生しています
今市地震
今市地震(いまいちじしん)は、1949年12月26日に栃木県今市市(現在の日光市)鶏鳴山付近を震源とする内陸直下型地震で、8時17分 M6.2と8時24分 M6.4の地震が8分の間隔をおいて続けて発生した。余震は、翌年3月下旬頃まで続いた。
今市市付近では震度6相当の揺れ。
wiki


環境省はちゃんと調べた上で、ここを処分地に決定したのか?
単なる、行き詰って、杜撰な調査で 適当にここにしたのか?
こりゃ問題になるね。



日本には地震の被害を受けないと言い切れる場所なんてどこにもないんだよ!
なのにこんな52基も・・・(以下同文) 


日本断層





ニュースブログランキング⇒