原子力規制庁長官に池田前警視総監が内定 原子力ムラに逆らう者共は、公安組織を使って排除しちゃうぞ☆


は!? 
なに!? この人事。



 原子力規制庁長官に池田前警視総監が内定

池田克彦

 19日に発足する原子力規制委員会の実務を担当する原子力規制庁の初代長官に、池田克彦前警視総監が就任することが内定した。

 池田前警視総監は、警察が担う警備の責任者を長く務め、86年以来、日本国内で開催された全てのサミット(=主要国首脳会議)の警備の指揮に関わり、実績が評価されている。福島第一原発事故では、警視総監として、警視庁機動隊による原発への最初の放水を決断するなど、事故収束に向けた緊急対応の手腕が買われた。

 原子力規制庁は、原子力規制委員会の事務局として約500人の職員で構成され、原発事故が発生した際の危機管理対応などに当たる。ナンバー2の次長には、内閣官房で原子力規制庁の準備室長を務めた環境省出身の森本英香氏が起用される見通し。(09/12 12:40)
 
http://www.ytv.co.jp/press/mainnews/TI20086850.html
サミットの警備の指揮
警視庁機動隊による原発への最初の放水を決断

原子力を規制する事と関係なくね!?

それにしても、

いや~原子力規制庁のトップに、公安のトップとは・・・

これで、原子力ムラに逆らう者共は、公安組織を使って叩き潰せるね☆(ゝω・)vキャピ
デモも一網打尽!



公安警察の手口 (ちくま新書)
鈴木 邦男
筑摩書房
売り上げランキング: 144292


ニュースブログランキング⇒