常総生協

昨日、すでに見た方も多くいらっしゃるかと思いますが、資料にも使えますのでやはり紹介
常総生協(守谷市)と、「こども東葛ネット」がかなり細かい調査をしてくれています。

土壌セシウム、平均4万ベクレル超
2012年09月24日

 県南部と千葉県・東葛地区の計13市2町の土壌に含まれる放射性セシウムを民間団体が調査し、23日に結果を公表した。10市町で1平方メートルあたりの平均が4万ベクレルを超えていたとし、国や自治体に対し、汚染や健康への影響について詳細な調査を求めたいとしている。
 調査したのは、常総生協(守谷市)と、「こども東葛ネット」などの市民団体。1月から9月にかけて主婦ら300人以上が参加した。
 
 対象の自治体を1キロ四方に区分け、地表1~5センチの土を調査した。1区画ごとに5カ所、計1キロの土を採取。計1532区画から984サンプルを集め、常総生協の機器で検査した。 
  http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001209240003 
茨城県南部と千葉県・東葛地区の10市町は、
平均で4万ベクレル超えてんだよ!平均だよ!!
  
常総生協 

 常総生活協同組合:土壌沈着量調査結果

詳細は常総生協 で見てね

流山や我孫子なんて野菜の名産地だもんね・・・今も出荷してるもんね・・・

 
この土壌汚染を踏まえたうえで、この動画を観てほしい
【必見動画】NHK ETV シリーズ 9/30放送、チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回ウクライナは訴える」

数年後、数十年後、間違いなく何かが起こるね



低線量内部被曝の脅威―原子炉周辺の健康破壊と疫学的立証の記録
ジェイ・マーティン グールド
緑風出版
売り上げランキング: 298068
ニュースブログランキング⇒