せっかく吸い上げたのに、また田んぼにリバース!
試験作付け

田んぼにそのまま廃棄
田んぼにそのまま廃棄2

 福島・南相馬市の実験田でコメ刈り取り作業 そのまま廃棄
 
新米に含まれる放射性物質を測定するため、福島・南相馬市で試験的に作付けされていたコメの刈り取り作業が、8日に行われた。
南相馬市では、新米に含まれる放射性物質を測定するため、市内の135カ所の田んぼで、試験的にコメの作付けを行っている。
すでにサンプル調査が終わり、役目を終えた田んぼでは8日、刈り取り作業が行われ、稲はそのまま田んぼに廃棄された。
JAそうま・小澤和幸さんは「もみ自体、コメ自体を田んぼにばらまくような形になってしまいますので、悲しいかなという感じ」と語った。
福島県では、放射性物質の測定結果をふまえ、2013年以降のコメの作付けを検討するとしている。
(10/08 12:33 福島テレビ)

戻しちゃダメ(>□<*)!!!


この調査結果、気になりますね。
まだ結果は発表されてないので、追ってみます。
(ボクより早く見つけた方、教えてね。)



 
子どもたちを放射能から守るために
菅谷昭
亜紀書房
売り上げランキング: 85726


ニュースブログランキング⇒