野田

民主・自民のダブル党首選から約2週間が経っても、党首会談も開かず逃げまくってた野田。
自民党の安倍晋三総裁につかまったようです。
 野田首相が安倍総裁に「しかるべきときに臨時国会」
産経新聞 10月11日(木)14時22分配信
 
 野田佳彦首相は11日、自民党の安倍晋三総裁と国会内で面会し「しかるべきときに臨時国会を開き、大いに議論したい」と述べた。党首会談については民主、自民両党の幹事長間で調整する考えで一致した。

 面会は民主党新執行部発足の挨拶として行われ、民主党の輿石東幹事長、自民党の石破茂幹事長らが同席した。
>「しかるべきときに臨時国会を開き、大いに議論したい」

出ました!今度は『しかるべき時』


『直ちに』
『一定の目途がついたら』
『近いうちに』
『しかるべき時』

しかるべき時とは一体、具体的にいつなのでしょうか?



何が恐ろしいって、
問題山積のまま、衆議院で過半数の議席を持つ与党・内閣が、解散したくないから国会を開く気がない!とか本当に絶望的。


国民の生活や国の行く末よりも、自分たちの延命が第一。の政治の私物化


本当に恐ろしい。こんな事がまかり通ってるなんて。なんでマスコミはもっと叩かないの?こんな重大な事。



政権交代 - 民主党政権とは何であったのか (中公新書)
小林 良彰
中央公論新社
売り上げランキング: 15336


 
ニュースブログランキング⇒