どう考えてもムリ


先日、大間原発から200mの場所に活断層、津軽海峡にも40km以上の海底活断層があるよ。というニュースがありましたが、(チラッと見てみて)
建設再開の大原原発から200mの箇所に活断層 津軽海峡にも40km以上の海底活断層 

今度は、南西に40キロ~50キロに今まで知られていない14kmの活断層が発見されました。


大間原発南西の海底に活断層
大間原発南西の海底に活断層2
 大間原発南西の海底に活断層
10月18日 18時24分


青森県大間町の大間原子力発電所から南西に40キロ~50キロ離れた海底に活断層があることが、独立行政法人の産業技術総合研究所などの調査で分かりました。
地震が起きた場合の規模は少なくともマグニチュード6.7前後ということで、研究グループは「活動の周期などを調べる必要がある」としています。

産業技術総合研究所の粟田泰夫主任研究員らの研究グループは、去年9月、下北半島付近の海底に音波を反射させて、地形を詳しく調べました。
 
その結果、下北半島と津軽半島の間の海底で、南北に伸びる、たわんだ地形が見つかりました。
たわんだ地形は地下で断層がずれたことで出来るもので、長さが14キロ以上あり、研究グループは、これまで知られていなかった活断層が見つかったとしています。
 
断層の長さや地形などから、地震が起きた場合の規模は少なくともマグニチュード6.7前後ということです。
海底の地質調査の結果、12万5000年前以降に活動したということですが、これ以外の活動や詳しい周期などは分かっていません。粟田主任研究員は「断層が北にさらに伸びないかぎり、大間原発への影響は小さいとみられるが、活動の周期などをさらに調べる必要がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121018/k10015844361000.html
大間町長さん。青森県知事さん。

現実から目を背けちゃだめだぞ☆(ゝω・)vキャピ

オーマイガー「大間原発反対」 長袖Tシャツ(ホワイト) M


六ケ 所再処理工場と同じ最低の耐震性の大間原発も東通原発も全国最低の耐震性
原発の闇を暴く 」より


原発の闇を暴く (集英社新書)
広瀬 隆 明石 昇二郎
集英社 (2011-07-15)
売り上げランキング: 69514



 
ニュースブログランキング⇒