診察を受ける子供が増加

子供たちも著しい視力低下
深刻・・・子供の視力低下 1.0未満 驚きの増加・・・

それって・・・


チェルノブイリと全く一緒じゃん

チェルノブイリでは多くの子供たちも著しい視力低下などに苦しめられたことは有名ですよね。

 89/07/01 北海道新聞:モスクワ=時事 
30日発売のニジェーリャによると、白ロシア共和国モギレフ州で児童の貧血や視力低下、血液成分異常が発生している。同州の病院長ペニコフスキー氏が明らかにしたもので、このほか運動機能障害、無筋力症、ビタミン欠乏症、免疫異常が認められる。同州のレオノフ党第1書記によると、事故から3年たっても、学者の予測に反して、放射能の値は低下していない。同州の1430平方kmが汚染されている。

確実に同じ道を歩んでる・・・
チェルノブイリの教訓を生かすどころか、隠蔽・過小評価の仕方だけ真似して・・・




 NHK ETV シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 の書籍版で、今現状チェルノブイリ周辺がどのような状況なのか、よく解かります。オススメ
日本はまさに今、チェルノブイリと同等以上のイバラの道を進んでいると解かります。
低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害
馬場 朝子 山内 太郎 
NHK出版 
売り上げランキング: 5531



 
ニュースブログランキング⇒