大根天日干し



 セシウム濃度を検証 県農業総合センター
2012年10月30日 09時55分配信

 
農作物を乾燥させた加工食品の一部から高濃度の放射性セシウムが検出されている問題で、ちりやほこりが舞いやすい条件下で乾燥させると濃度が高まることが分かった。
 
29日、県農業総合センターが郡山市で開いた試験研究成果説明会で発表した。
柿などの農作物は乾燥すると水分がなくなり重量が軽くなるため、1キロ当たりの放射性物質の濃度が高くなる。
 
ただ、想定を大きく上回る放射性物質が検出されるケースもあるとして調査した。
センターが中通りの6カ所から取れたダイコンを使い、切り干し大根を作る過程で実験した。
 
ダイコンを乾燥機で元の重量の20分の1程度に乾かしても検出限界値以下だった。
 しかし、センター内の軒下などで乾燥させた結果、最大で1キロ当たり3421ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。
 
センターは、空気中のちりやほこりが付着したことが濃度を高めた原因と結論付けた。
濃度が高いものほど、ちりの付着が多かったという。

>ダイコンを乾燥機で元の重量の20分の1程度に乾かしても検出限界値以下だった。
しかし、センター内の軒下などで乾燥させた結果、最大で1キロ当たり3421ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

それ、思いっきり空気が汚染されてるってことじゃん!!


郡山の子供たちは、もうマスクしてないんでしょ!?


政府とマスコミの「安全だ安全だ!」といった刷り込み運動のおかげで、いっぱい吸い込んでるね。


過去記事
福島市、直売所で販売された「切り干し大根」から3千ベクレル 天日の吹さらしでしっかり干しました!
南相馬の切り干し大根がセシウム基準値超え 切り干し大根ってさ…



宮崎県産千切大根 100g×5パック
川長物産
売り上げランキング: 82705



 
ニュースブログランキング⇒