日々雑感

気になるニュースをピックアップ

2013年12月

これはヤバイということについて、ちょこっとずつ更新していきます。

【広瀬隆さんより】重要! 週刊ダイヤモンドのお知らせです


週刊 ダイヤモンド 2013年 12/21号 [雑誌]
全国のみなさま  広瀬隆です
 明日12月16日発売の12月21日号、週刊ダイヤモンドは、東電の大特集です。
 一昨年の事故直後にかなり議論されていたことが、現在ではまったくテレビと新聞に出なくなったが、
 福島第一原発事故の処理には、なんと国家予算を超える54兆円かかるという試算が出ている。それがすべて国民負担になることは必至だ。この金を 国民が支払え、というのが日本政府の方針だ。
 いや、読んでいると、これが原発の宿命だという結論が、誰の頭にも浮かぶ。日本人の経済は断崖絶壁にある。
 特に、この38頁~48頁に、すさまじい事故処理のおそろしい現実が列記されている。文中に「困難」や「課題」と書かれているのは、ほとんど 「不可能」という意味である。
 これでも懲りずに、原発再稼働を唱える電力会社の幹部と、日本政府、経産省は、完全に頭のおかしな、狂った集団だということが、子供でも分る。
 ろくでもない連中が、この大特集の前後に山のように登場しているが、そのゴミ人間はどうでもよい。

 この重大事を議論しない国会議員は、即刻辞任だ。議員の資格はない。
 政治生命が終ったのは、自民党・公明党と、「みんなの党」渡辺喜美だけではない。
 クズを集めた国会が、日本人に必要なのか・・・ 


 
  売り切れ必至です。お早目に

週刊 ダイヤモンド 2013年 12/21号 [雑誌]週刊 ダイヤモンド 2013年 12/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社 2013-12-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【広瀬隆さんより】年末の呼びかけ




 全国のみなさま  広瀬隆です
 今年も一年、大変な年でした。みなさまの積極的な活動・言動によって、とりあえず原発ゼロで新年を迎えることができました。しかし、 まったく油断ならないのが、来年です。また共に力を携えて、新たな反撃に出ましょう。
  12月22日に、国会包囲デモが企画されています。

 北朝鮮の無気味な恐怖政治に、同じ穴のむじな、ファシズムの日本政府が余計な行動に出ないよう、これから一層、市民の監視を強めなけれ ばなりません。

 さて、大晦日はまだですが、野宿を強いられている人たちには、すでに厳しい寒さの冬が始まっていますので、越年闘争へのご協力を呼びか けさせていただきます。東京では、たんぽぽ舎もさまざまな形で野宿者への支援をおこなっていますが、添付ファイルには、野宿者を支援して いるグループ「のじれん」からのカンパの要請があります。東京オリンピックの下準備として、ますます生活の場を追われる人たちが、猪瀬直 樹の都庁前で猛烈なオリンピック反対の声をあげています。
 のじれん、へのカンパは、大金は無用です。われわれ貧乏人は、数が強みですから、みなで、1万円を超えないたくさんの支援が寄せられる と、
野宿を強いられている 人たちに大きな励みになると思います。
 
野宿者2013年08月号のじれん・東京オリンピック反対
野宿者2013年12月のじれん・渋谷越年闘争-1
野宿者2013年12月のじれん・渋谷越年闘争-2
野宿者2013年12月のじれん・渋谷越年闘争-3




2013年12月22日国会包囲デモ-1







 

エネルギー基本計画「2030年までに原発ゼロ」から原発を「重要なベース電源」へ変更⇒原因は原発に関するあらゆる委員会が原子力ムラの住人ばかりに替えられているから

最近更新できませんが、「コレはやばい!」ということに関してチョコチョコ更新していきます。



みなさん、ご存じかと思いますが、
秘密保護法で盛り上がる裏で、政府が電源の中期的な構成を決める「エネルギー基本計画で」

今までに決められていた、「2030年までに原発ゼロ」の目標を消し

それだけじゃなく、
原発を「重要なベース電源」と位置付けるとしました。



以下は、日経のお手盛り記事(引用)ですが、


 具体的な数字が盛り込まれない「エネルギー基本計画」原案、戦略に遅れも
2013年12月11日

 エネルギー政策の中長期的な方向を示す「エネルギー基本計画」の原案が12月6日、経済産業省から提出された。経産相の諮問機関である総合資源エネルギー調査会(会長・三村明夫新日鉄住金相談役)の基本政策分科会で議論した後、来年1月に閣議決定する方針だ。

原発新増設の記述は見送り、原発比率は示さず
 エネルギー基本計画はほぼ3年に1回見直しが行われる。現在の計画は民主党政権下の2010年につくられたもので、東日本大震災後に「2030年代に原発ゼロ」とする方針が掲げられた。昨年12月に現政権が発足してから、「ゼロベースで見直す」として計画の見直しが進められていた。

 原案では、原発を「重要なベース電源」と位置付け、「原子力規制委員会によって安全性が確認された原発について再稼働を進める」と明記したただし、原発の新増設については具体的な記述を見送る一方で、原発比率は可能な限り引き下げていくとしたものの、その具体的な数字については示さなかった。

 電源はその役割によって「ベース電源」「ミドル電源」「ピーク電源」に大別される。ベース電源とは、需要の増減にかかわらず、年間を通してほぼ一定の稼働率で電力を供給するものだ。需要が増加した場合に稼働させるのがミドル電源、需要がピークに達する限られた時期に稼働させるのがピーク電源であり、経済合理性の優れたものから順にベース電源、ミドル電源、ピーク電源として使われる。

 これまで原発と石炭火力がベース電源とされており、原発の停止により石炭火力が老朽化した設備を含めフル稼働している。老朽火力を無理に使い続ければ、設備が不具合で止まった場合、一気に供給力不足に陥ってしまう危険性がある。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/matome/20131210/376631/?rt=nocnt

原発を「重要なベース電源」と位置付けるということは、需給に関係なく常に、メインに電源を供給させるために稼働させるということ。


何故こんな一方的な計画が”総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会”で通ってしまったのか!?

なぜなら・・・

ほぼ全員、委員会の人間が「原子力ムラ」の住人に入れ替わっちゃっているから!☆(ゝω・)vキャピ


エネルギー基本計画 委員会1 
 
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/12th/12thmeibo.pdf
三村 明夫・・・事故後も一貫して「原子力を放棄するという選択はすべきではない」と、原発ゼロ反対する人

秋元圭吾・・・地球温暖化の名の下に原子力推進をするひと

植田和弘・・・"脱”原発派?
 
柏木孝夫・・・2030年は原発比率30%がベスト。という人

崎田裕子・・・最終処分地事業を手がけるNUMOの評議員で、さらに「元気ネット」というNUMOの広報事業を請け負うNPOの理事長

辰巳 菊子・・・"脱”原発派?

寺島実郎・・・アメリカ万歳、原発派アメリカ様の指示に従って推進だ!的な人

豊田 正和 ・・・日本エネルギー経済研究所=経産省所管の財団法人で、「日本中の原発を停止したら、毎月の電気代が1000円ハネ上がる」なんて試算を発表したイカレポンチの所の所長
 
中上 英俊 ・・・いつも居るけど、どっち付かずでよく分からん人。
 
西川 一誠・・・ 福井県知事 。言わずもがな
 
増田 寛也・・・増田寛也氏が顧問の野村総研は、原産協会の会員企業で、社外取締役には、東京電力の南直哉元社長が就任

松村 敏弘・・・2010年3月エネ調査会で、原発の稼働率目標80%が低すぎ、恥ずかしい数字だと批判。しちゃうような人
 
山名 元 ・・・11年10月の政府会合で事故収束や廃炉費を原発コストに入れるべきという大島教授を「感情的だ!」と罵った人。


ほぼ全員ムラ住人・・・う~ん(ー公ー;)

明らかな反原発派の大島堅一教授は、メンバーから外されました。



この「総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会」だけでなく、

除染や除染から出る放射性廃棄物について決める「環境回復検討会」
「福島原発事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」
「避難者の帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム」
「汚染水対策検討ワーキンググループ」


など、どんどん”原子力ムラ”の住民が増え始めています。

かなりヤバいっす。




もうあれだ。
政権交代させるしかないわ
(ー公ー;)




 

【広瀬隆さんより】必見動画の紹介




 全国のみなさま  広瀬隆です。
「浜岡原発の今とこれから」──静岡県の自民党県議会議員・天野一氏制作のDVDがYouTubeにアップされて います。驚くべきことですが、自民党の制作による「浜岡原発反対の解説」です。必見!!




  一昨日(12月1日)の愛媛県松山大集会は、全国からの人で、愛媛県政始まって以来という8000人の、それも数だけではない、知性を持った大群衆が、 「伊方原発の廃炉を求めて」松山城下の公園に結集しました。長大なデモの隊列でした。
 もう20年以上前ですが、愛媛県の地元の人に、原発のある伊方町で街頭演説をしてくれと言われて、四国電力の社宅前でマイクを握りまし た。話し始めると、不思議なことが起こりました。四国電力の社宅から、お母さんたちが赤ちゃんを抱いて出てきて、私の話をじっと聞いてく れたのです。電力会社の社員の家族もみな不安を抱えているのです。福島事故を見た今は一層その思いが強いでしょう。
 頭と心が悪いのは、電力会社の幹部なのです。愛媛県庁や県会議員たちなのです。国会議員なのです。経団連なのです。
 あの社員たちを救えるのは誰なのか。

 愛媛県の自民党も、いや全国の原発立地自治体の自民党議員も、この浜岡原発DVDに学んで、地元の原発廃炉に向けたDVDを制作するべ きでしょう。今すぐ・・・
 山本太郎を除いて、ほとんどの国会議員は腐っている。しかし、地元を愛する地方議員は立ち上がれるのだ。それを地元で呼びかけてくださ い。

 福島県の避難民・木田節子さんのDVDが完成しました。それを記念して、映画の上映と木田節子 さんのトークが下記でおこなわれます。12月11日(水)19:30~
東京・渋谷アップリンクにて
上映会の詳細はこちら
http://petiteadventurefilms.com/screenings.php 



記事にはありませんが、宇宙飛行士の秋山豊寛さん、首都圏反原 発連合のミサオ・レッドウルフさん、歌手の三宅洋平さんたちが続々登場し、みなすばらしいスピーチや音楽、シュプレヒコールをして、集会 参加者を感動させてくれました。
    東海村→博多→水戸→北海道旭川→松山と、山本太郎並みのホームレスになった広瀬隆


※画像クリックで拡大
2013・12・03東京新聞

2013・12・02愛媛新聞








 
記事検索
このブログは管理人が気になるニュースを好き勝手にピックアップしているものです。
また 広瀬隆さんからの情報を管理人責任のもと、発信しています。

また、このブログは管理人が個人的に運営しているもので、特定の政治団体や政党とは一切関係ありません。

当ブログの引用・転載ご自由に。リンクもご自由にどうぞ。

広瀬さんより、このブログについて

赤矢印.gif広瀬隆氏提供全情報
広瀬隆情報

デモ




スポンサードリンク
本の紹介
市販のポット型浄水器と放射性物質の除去について

三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP002 CP002-WT

三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP002 CP002-WT
三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器用 交換カートリッジ スーパーハイグレード(2個入) CPC5W-NW 三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器CP002+カートリッジお買い得セット CP002W-WT 三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP005 CP005-NW 三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器用 交換カートリッジ スーパーハイグレード(3個入) 3個組特別セット CPC5Z
by G-Tools


東レ トレビーノ PT303 ポット型浄水器 PT303

東レ トレビーノ PT303 ポット型浄水器 PT303
東レ トレビーノ ポット型浄水器 PTシリーズ交換用カートリッジ PTC.V2J 東レ トレビーノ ポット型浄水器1.1L PT302 東レ トレビーノ ポット型浄水器 PTシリーズ交換用カートリッジ PTC.VJ 東レ トレビーノ PTシリーズ交換用カートリッジ トリハロメタン除去タイプ 3コイリ PTC.F3J
by G-Tools




ハンディ版 食品の放射能汚染 完全対策マニュアル
水口 憲哉 明石 昇二郎
4796696857
最新コメント
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS
QRコード
QRコード
RSS
index20
管理人へのお問い合わせ
メールアイコン
バナー
日々雑感バナー小