日々雑感

気になるニュースをピックアップ

2014年05月

これはヤバイということについて、ちょこっとずつ更新していきます。

大飯原発運転差止請求事件判決 要旨全文



福井地裁の判決文(2014年5月21日)の全文

※画像をクリックで拡大
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文01
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文02
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文03
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文04
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文05
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文06
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文07
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文08
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文09
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文10
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文11
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文12
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文13
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文14
2014年05月21日・大飯原発運転差し止め福井地裁判決文15
 



 

[広瀬隆さんより]福井地裁の樋口英明氏に激励の手紙を出そう

全国のみなさま  広瀬隆です

 5月21日、福井地裁が、まことに哲学的かつ科学的な、反論しようのない原子力発電所の危険性を指摘した判決文を書いて、大飯 原発3・4号機の運転差し止めを関西電力に命じました。

 これは一電力会社である関西電力に対して命じられた判決ではありません。
 日本全土のすべての原発の運転差し止めを命じた内容です。

 この見事な判決文を書いた裁判長の樋口英明氏には、今後、電力会社と国家および週刊誌などのメディアを通じて、強大な圧力が、 さまざまな形で、特に人事面などで加えられるはずです。しかしこの判決の内容がすべて事実に基づいているのですから、高裁でも最 高裁でも、この事実を隠蔽することはできません。勝てます。

 日本のテレビと新聞は、この判決文に書かれた厳粛な事実を、これから自分たちの調査によって実証し、自らの言葉で国民に対して 何度も説明し、理解させる義務があります。日本政府を追及する義務があります。だが、彼らは今後もそれをしないでしょう。彼ら は、ジャーナリスト精神を持っていないからです。運転差し止め判決が出たという、中身のないニュースしか報道しないのです。

 だから、私たち国民が、この事実を伝えあってゆかなければなりません。

 これを見過ごしては、樋口英明氏が守ろ うとしてくれた私たちの生命の存在価値がありません。
 急いで、下記に激励の手紙を出そうではありませんか。みなさまの周囲の多くの人にも呼びかけてください。

 樋口英明氏 〒910-0019 福井県福井市春山1-1-1福井地方裁判所民事部

 手紙の封書の表書きには、「激励」、「判決に感動」、「全面的支持」な ど、みなさまの手紙の文意を示す一言を宛て名の横に書いたほうがよいと思います。はがきでもよいです。その手紙が裁判所に全国か ら山のように配達されれば、世の中の空気は変ります。私たち国民の良識が先手をとりましょう。
 判決文のなかで、特にすぐれていると私が感じた点を挙げておきますので、みなさまが手紙を書かれる時の参考になさってください。

 ○個人の生命、身体、精神および生活に関する利益は、各人の人格に本質的なものであって、その総体が人格権であるということが できる。人格権は憲法上の権利であり(13条、25条)、また人の生命を基礎とするものであるがゆえに、我が国の法制化において はこれを超える価値をほかに見出すことはできない。

 ○福島原発事故においては……原子力委員会が福島第一原発から250キロメートル圏内に居住する住民に避難を勧告する可能性を 検討した(これは2011年3月11日から2週間後の3月25日に、原子力委員会 委員長・近藤駿介が250キロメートル圏内の住民避難の可能性について緊 急事態の警告書を出したことを指摘している)。 この250キロメートルという数字は緊急時に想定された数字にしかすぎないが、だからといってこの数字が直ちに過大であると判断 することはできないというべきである。

 ○ 原子力発電所は地震による緊急停止後の冷却機能について外部からの交流電源によって水を循環させるという基 本的なシステムをとっている。1260ガルを超える地震によってこのシステムは崩壊し、非常用設備ないし予備的手段による補完も ほぼ不可能となり、メルトダウンに結びつく。この規模の地震が起きた場合には打つべき有効な手段がほとんどないことは被告(電力会社)において自認しているところである。しかるに、我が国の地震学 会においてこのような規模の地震の発生を一度も予知できていないことは公知の事実である。

 ○我が国において記録された既往最大の震度は岩手宮城内陸地震における4022ガルであり、 1260ガルという数値はこれをはるかに下回るものである。岩手宮城内陸地震は大飯(お よびすべての原発立地地点)でも発生する可能性があるとされる内陸地殻内地震である。この既往最大という概念 自体が、有史以来世界最大というものではなく近時の我が国において最大というものにすぎない。(よって)1260ガルを超える地 震は大飯原発(およびすべての原発立地地点)に到来する危険がある。

 ○福島原発事故の原因について国会事故調査委員会が地震の解析に力を注いできたが……その原因を将来確定できる という保証はない。(まして事故の渦中にあっては、複雑きわまりない防護システムを機能させようとしても、放射能放出を未然に防 ぐこと自体が不可能である、という説明)。

 ○関西電力(およびすべての電力会社)は、基準地震動を超える地 震が到来することはまず考えられないと主張する。しかし……現に、全国で20箇所にも満たない原発のうち4つの原発に5回にわた り想定した地震動を超える地震が平成17年(2005年)以後10年足らずの間に到来しているという事実を直視すべきは当然であ る。……これらの事例はいずれも地震という自然の前における人間の能力の限界を示すというしかない。

 ○この地震大国日本において、基準地震動を超える地震が大飯原発(およびすべて の原発)に到来しないというのは根拠のない楽観的見通しにしかすぎない上、基準地震動に満たない地震によって も冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で 切迫した危険と評価できる。このような施設のあり方は原子力発電所が有する本質的な危険性についてあまりにも楽観的といわざるを 得ない。

 ○使用済み核燃料は本件原発(およびすべての原発)に おいては原子炉格納容器の外の建屋内の使用済み核燃料プールと呼ばれる水槽内に置かれており、その本数は1000本を超えるが、使用 済み核燃料プールから放射性物質が漏れたときこれが原子力発電所敷地外部に放出されることを防御する原子炉圧力容器のような堅固な設 備は存在しない。(この危険性を実証したのが、福島原発事故における4号機の使用済み核燃料プールからの放射能大汚染の危機であっ た……という説明。)

 ○本件(およびすべての原発の)使用済み核燃料プールにおいては全交 流電源喪失から3日を経ずして冠水状態が維持できなくなる。我が国の存続に関わるほどの被害を及ぼすにもかかわらず、そのようなもの が、堅固な設備によって閉じ込められていないままいわばむき出しに近い状態になっているのである。

 ○コストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原子力発電所の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとして も、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻 すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。

  福井地方裁判所民事部第2部
  裁判長裁判官 樋口英明
                          裁判官 石田明彦      
 裁判官 三宅由子


【広瀬隆さんより】吉原毅さんが日経Businessに寄稿・・・広瀬隆 1



吉原毅さんが今週の日経Businessに寄稿してくださいました。


画像クリックで拡大します。
吉原 日経ビジネス1
 
 

【広瀬隆さんより】美味しんぼ騒動についてDAYS JAPANから知性的な反論

2014513日 株式会社デイズジャパン

「チェルノブイ リ子ども基金」前代表広河隆一

 

チェルノブイリでは避難民の5人に1人が鼻血を訴えた

2万5564人のアンケート調査で判明

 

 『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に掲載中の漫画「美味しんぼ」の「福島の真実」篇に多方面 からの抗議が寄せられているという。問題になったのは次の2点である。
 

 ・原発を訪れた主人公が鼻血を出すシーン

 ・そして疲労感を訴えるシーン
 

特に鼻血が「ありえない」 「不安をあおる」といった抗議を受けた。
 

疲労感については、福島原発 事故の後に私自身が経験している。2011年3月13日朝から原発周辺での取材を繰り返した後、持っていた測定器が振り切れるという経験をし て、その後4月に突然非常な疲労感と下痢が襲ってきた。被曝と疲労感が関係あるのかど うか、あとで数字を見てもらう。
 

鼻血はどうか。私自身は鼻の 粘膜の異常を感じることはよくあった。しかしはっきり流れるほどの鼻血は経験していない。
 

私は20127月 に沖縄県久米島で福島の子どもたちの保養施設「沖縄・球美の里」を設立し、運営している。ここにこれまで訪れた保護者たちから、鼻血の話題は よく聞いた。 福島でも聞いている。だから誰でも知っていることかと思っていた。だがこれほど大騒ぎになって、「ありえない」とか「事実無根」とか聞くと、 そんなに完全 に打ち消そうとするということは、どのような意図が働いているせいかと疑ってしまう。これほど大きく問題にすると、かえって「住民の不安をあ おる」ことに なってしまうではないかと思う。鼻血は出ると訴えている人がいることを認めた上で、それが大きな病気に結びつくのを防ぐためにはどうすればい いのかを話す 方が建設的ではないかと思う。
 

私は1986年のチェルノブ イリ原発事故以降、50回 を超えて現地での取材と救援活動を続けている。そしてこの3月、映画取材班とともに、チェルノブイリを5年ぶりに取材した。ウクライナの高濃 度汚染地域で あるナロジチ地区のナロヂチ市中央病院の副院長に、日本では福島原発事故の後、鼻血がでた子どもが増えたという声を聞くが、チェルノブイリで はどうだった のか、と聞いた。すると副院長は「チェルノブイリでも事故の後、鼻血が増えた」と答えた。被曝によって血液系統の病気が増えた。鼻血もそうだ が、貧血も増 えたということだった。白血病の前段階の症状も増えたという。
 

1990年、 IAEAはチェルノブイリの調査団を派遣し、翌年、健康被害の不安を打ち消す報告書を発表している。その報告に疑問を持った私たちは、広河事 務所とチェル ノブイリ子ども基金(当時は私が代表だった)共同で、現地NGOの協力を得て、1993年8月から1996年4月まで、避難民の追跡調査を 行ったのだ。

調 査項目は数百にのぼり、アンケート形式で本人あるいは家族に書いてもらった。回収できたアンケートは2万5564人分である。チェルノブイリ 避難民のこれ ほど大掛かりなアンケート調査は、ほかにはないと思われる。私たちにそれができたのは、これが救援目的におこなった調査だからである。人々の 健康状況を把 握できなければ、どのような救援を行っていいのかわからないからだ。
 

アンケート調査は困難だった が、私たちにはIAEAにはない強みがあった。それはそれまでの救援活動の実績と現地 の人々との信頼関係、チェルノブイリ支援の現地NGOとのつながり、である。ほかならぬ被災者に会うことが、私たちの仕事だったということも ある。
 

この報告書は日露版の冊子の 形で発行され、この3・11後にその一部を『暴走する原発』(小学館)に収録した。

 その結果から、鼻血と疲労に関する数字を中心に見ていきたい。ただ人々を襲ったのはもっと多様な症 状だったので、それらも記載しておきたい。
 

 

●プリピャチ市(原発から約3キロ)の避難民アンケート回答者9501人 
 

 「事故後1週間に体に感じた変化」という質問に、人々は次のように答えた。

頭痛がした                                   5,754                   60.6

吐き気を覚えた                                           4,165                   43.8

のどが痛んだ                                               3,871                   40.7

肌が焼けたように痛んだ                             591                      6.2

鼻血が出た                                   1,838                   19.3

気を失った                                   880                      9.3%

異常な疲労感を覚えた                                5,346                   56.3%

酔っぱらったような状態に なった              1,826                   19.2

その他                                                          1,566                   16.5%
 

  

「その人々の事故から約10 年後の健康状態」

健康                                              161                      1.7

頭痛                                              7,055                   74.3

のどが痛む                   3,606                   38.0

貧血                                              1,716                   18.1%

めまい                                          4,852                   51.1

鼻血が出る                   1,835                   19.3

疲れやすい                   7,053                   74.2

風邪をひきやすい        5,661                   59.6%

手足など骨が痛む        5,804                   61.1

視覚障害                      2,773                   29.2

甲状腺異常                   3,620                   38.1%

白血病                                          50                        0.5

腫瘍                                              440                      4.6

生まれつき障害がある                34                        0.4%

その他                                          1,715                   18.1
 

 

「現在の健康状態は事故の影響だと思っているか」

100%事故が原因である  47.3%

かなり事故が影響している             14.5

全く事故と無関係ではない             38.2%

事故とは無関係である    0.0

健康である                                      0.0

 

念のため、数は多くはないが、比較対象のために行ったモスクワ市民の集計(316人)は次のとおりである。


「現在の健康状態」

健康   173人   54.7%

頭痛    53人   16.8%

のどが痛む 27人    8・5%

貧血     6人    1・9%

めまい   22人    7・0% 

鼻血が出る 10人          3・2%

疲れやすい 67人  21・2%

  風邪をひきやすい 56人 17・7%

手足などの骨が痛む23人   7・3%

視覚障害     51人   16・1%

甲状腺異常    11人    3・5%

白血病       2人    0・6%

腫瘍        8人    2・5%

生まれつき障害がある0人    0%

その他      22人    7・0%


 
 

●チェルノブイリ市(原発から約17キロ)の避難民のアンケート回答者2,127

(人々は事故からおよそ8~ 9日後に避難した)


「事故後1週間に体に感じた変化」

頭痛がした                                      1,372                   64.5

吐き気を覚えた                               882                      41.5

のどが痛んだ                   904                      42.5

肌が焼けたように痛んだ                151                      7.1

鼻血が出た                                      459                      21.6

気を失った                                      207                      9.7

異常な疲労感を覚えた    1,312                   61.7

酔っぱらったような状態に なった  470                      22.1

その他                                                              287                      13.4


「現在の健康状態」

健康                                 58                        2.7

頭痛                                 1,587                   74.6

のどが痛む                      757                      35.6

貧血                                 303                      14.2%

めまい                                              1,068                   50.2

鼻血が出る                      417                      19.6%

疲れやすい                      1,593                   74.9%

風邪をひきやすい           1,254                   59.0%

手足など骨が痛む           1,361                   64.0

視覚障害                          649                      30.5

甲状腺異常                      805                      37.8%

白血病                                              15                        0.7

腫瘍                                 80                        3.8

生まれつき障害がある    3                          0.1%

その他                                              426                      20.0

 

 

●チェルノブイリ地区の村々の避難民12,864人 の回答


「事故後1週間に体に感じた 変化」

頭痛がした                                   7,805                   60.7

吐き気を覚えた                                           5,497                   42.7

のどが痛んだ                                               5,160                   40.1

肌が焼けたように痛んだ                             813                      6.3

鼻血が出た                                   2,491                   19.4

気を失った                                   1,194                   9.3

異常な疲労感を覚えた                                7,259                   56.4

酔っぱらったような状態に なった              2,471                   19.2

その他                                                          1,966                   15.3

 
 

●ノヴォシュペリチ村(原発から6キロ)の避難民の回答者351


「事故後1週間に体に感じた 変化」

頭痛がした                                   216                      61.5

吐き気を覚えた                                           158                      45.0

のどが痛んだ                                               124                      35.3

肌が焼けたように痛んだ                             19                        5.4

鼻血が出た                                   65                        18.5%

気を失った                                   35                        10.0

異常な疲労感を覚えた                                192                      54.7

酔っぱらったような状態に なった              69                        19.7

その他                                                          55                        15.7

「現在の健康状態」

健康                                                              4                          1.1%   

頭痛                                                              264                      75.2

のどが痛む                   114                      32.5

貧血                                              55                        15.7

めまい                                          171                      48.7

鼻血が出る         70                     19.9

疲れやすい                   268                      76.4

風邪をひきやすい                        225                      64.1

手足など骨が痛む                        211                      60.1

視覚障害                                       80                    22.8

甲状腺異常                   110                      31.3

白血病                                           0                      0.0

腫瘍                                              19                        5.4

生まれつき障害がある                 0                      0.0

その他                                          86                        24.5

 
 

●ポレスコエ地区(原発から約45キロ)避難民の回答者1,005

「事故後1週間に体に感じた 変化」

頭痛がした                                   623                      62.0

吐き気を覚えた                                           380                      37.8

のどが痛んだ                                               420                      41.8

肌が焼けたように痛んだ                             76                        7.6

鼻血が出た                                   292                      29.1

気を失った                                   166                      16.5

異常な疲労感を覚えた                                595                      59.2

酔っぱらったような状態に なった              215                      21.4

その他                                                          92                        9.2


   「現在の健康状態」 

健康                                                              29                        2.9

頭痛                                                              705                      70.1

のどが痛む                                   361                      35.9

貧血                                                              133                      13.2

めまい                                                          435                      43.3

鼻血が出る                                   216                      21.5

疲れやすい                                   675                      67.2

風邪をひきやすい                        528                      52.5

手足など骨が痛む                        651                      64.8

視覚障害                                      185                      18.4

甲状腺異常                                   306                      30.4

白血病                                                          2                          0.2

腫瘍                                                              25                        2.5

生まれつき障害がある                                2                          0.2

その他                                                          162                      16.1

 
 

このほかアンケートを行ったのは、約40の市や村である。その避難民の統計を見ても、同じような数字 の傾向となっている。鼻血と疲労感だけを抜き出して見ると次のようになる。


●ナロヂチ地区の場合(194人)

「事故後1週間に体に感じた 変化」

鼻血が出た                   47                        24.2

異常な疲労感を覚えた                111                      57.2

「現在の健康状態」

鼻血が出る                   40                        20.6

   疲れやすい        143人     73.7%

 

●ナロブリャ地区の場合(1881人)

「事故後1週間に体に感じた 変化」

鼻血が出た                   323                      17.2

異常な疲労感を覚えた                921                      49.0

「現在の健康状態」

鼻血が出る                   195                      10.4

疲れやすい                   975                      51.8

 

●ホイニキ地区の場合(908人)

「事故後1週間に体に感じた 変化」

鼻血が出た                   124                      13.7

異常な疲労感を覚えた                443                      48.8

「現在の健康状態」

鼻血が出る                   72                        7.9

疲れやすい        445人     49.0%

 

●ブラーギン地区の場合(1,019人)

「事故後1週間に体に感じた 変化」

鼻血が出た                   161                      15.8

異常な疲労感を覚えた                677                      66.4

 「現在の健康状態」

鼻血が出る                   119                      11.7

疲れやすい                   492                      48.3

(アンケートの翻訳には、東京外国語大学のロシア語科の学生を中心に、約60名が協力してくれた)
 

 

DAYS JAPAN6月号(520日発売号)では、チェルノブイ リの実測放射能汚染地図と、福島の人が住む町との比較を紹介します。





DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2014年 06月号 [雑誌] (amazon)



 

[広瀬隆さんより]NHKスペシャル「廃 炉」 (動画あり)

 NHKスペシャル「廃 炉」 広瀬隆

  2014年4月20日放映のNHK スペシャル「廃炉」は、全体とし ては、福島第一原発 事故がもたらした、 かなり絶望的な現状を掘り起こそうとしているように感じた人が多かったと思うが、実は、大きな間違いが多々含まれていて、視聴者がこれが「廃炉の現実」だ と信用しないよう望む。

 第一は、溶け落ちた核燃料デブリを取り出すために、格納容器に冠水する(水を一杯に入れる)と、原子炉圧力容器と違って、薄い 鋼鉄製の格納容器は、その水の重量(水圧)に耐えられない。さらに、大地震と事故時の爆発などによって、調べることができない格 納容器の損傷も金属の内部に潜んでいるので、冠水が格納容器の大 破壊を誘発するおそれが大きい。特に今後、小さな地震でも破壊して、一層の大事故を起こす危険性が大きいので、冠水は絶対にして はな らない。結論として、福島第一原発の廃炉は、現在進めている対策技術では(永遠に)不可能である。つまり冠水を前提とした現在の廃炉の工程表そのものが、 絵に描いた餅である。

 第二は、福 島県沖の魚介類の汚染度が安全な数値まで低くなっているという大きな嘘が語られ、ス リーマイル島原発事故では、大量の放射能が放出されたにもかかわらず、ほとんど放出されなかった、と放射能に関してデタラメを 言っていた。

 第三は、福 島第一原発の汚染地下水の漏洩防止対策として、凍土壁が語られていた が、極低温の凍土壁をつくると、周囲との温度差が大きいため、長期的に周囲の地層が変形して、原発の土台に大変な異常を起こすお それがあることが、まったく無視されている。短期間の調査で「異変がない」という現在の技術論はまったく当てにならない。凍土壁はドイ ツで失敗しているので、危険な方法であり、放棄すべきである(→『原発処分先進国ドイツの現実』(五月書房、2014年4月発 刊)を参照されたい)。

 第四は、日立製作所、東芝、三菱重工業が、福島第一原発事故の数十年にわたる長期間の廃炉作業で、莫大な国民の税金を食い、大 量の「電力」エネルギーを浪費して、企業利益をあげていることが、まったく指摘されていない。事故を起こした責任者は彼らであ る。彼らの未熟さと傲慢さが、事故を起こした。その集団が最大のもうけを得ていることは、許しがたい。彼らのとっている対策が、 番組全体のトーンとし て、ロボット開発などの 「英雄的行為」にすり替えられ(讃美され)ている。彼らが、本来は自費で事 故処理をしなければならないことは、加害者として当然の責務であるのに、これが讃美されるのでは、偽善のかたまりだ。

 以上が、福島第一原発事故の廃炉の実態である。)


動画

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第1回 2014.4.20
「放射能"封じ込め" 果てしなき闘い」(前半)

廃炉への道(1)「放射能"封じ込め" 果てしなき... 投稿者 tvpickup

(後半)
廃炉への道(1)「放射能"封じ込め" 果てしなき... 投稿者 tvpickup



広瀬隆さん新刊
原発処分先進国ドイツの現実: 地底1000メートルの核ゴミ地獄


記事検索
このブログは管理人が気になるニュースを好き勝手にピックアップしているものです。
また 広瀬隆さんからの情報を管理人責任のもと、発信しています。

また、このブログは管理人が個人的に運営しているもので、特定の政治団体や政党とは一切関係ありません。

当ブログの引用・転載ご自由に。リンクもご自由にどうぞ。

広瀬さんより、このブログについて

赤矢印.gif広瀬隆氏提供全情報
広瀬隆情報

デモ




スポンサードリンク
本の紹介
市販のポット型浄水器と放射性物質の除去について

三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP002 CP002-WT

三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP002 CP002-WT
三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器用 交換カートリッジ スーパーハイグレード(2個入) CPC5W-NW 三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器CP002+カートリッジお買い得セット CP002W-WT 三菱レイヨン・クリンスイ ポット型浄水器 クリンスイCP005 CP005-NW 三菱レイヨン・クリンスイ クリンスイポット型浄水器用 交換カートリッジ スーパーハイグレード(3個入) 3個組特別セット CPC5Z
by G-Tools


東レ トレビーノ PT303 ポット型浄水器 PT303

東レ トレビーノ PT303 ポット型浄水器 PT303
東レ トレビーノ ポット型浄水器 PTシリーズ交換用カートリッジ PTC.V2J 東レ トレビーノ ポット型浄水器1.1L PT302 東レ トレビーノ ポット型浄水器 PTシリーズ交換用カートリッジ PTC.VJ 東レ トレビーノ PTシリーズ交換用カートリッジ トリハロメタン除去タイプ 3コイリ PTC.F3J
by G-Tools




ハンディ版 食品の放射能汚染 完全対策マニュアル
水口 憲哉 明石 昇二郎
4796696857
最新コメント
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS
QRコード
QRコード
RSS
index20
管理人へのお問い合わせ
メールアイコン
バナー
日々雑感バナー小