住む住まないの話ではありません。
主食である米を生産して、消費ラインに流すという話です。


福島・広野町 コメの作付け再開決定
私たちは更に「ホッ」とできる環境がなくなりました
 
福島・広野町 コメの作付け再開決定2
こんなもんで安心が確保できるか!

福島・広野町 コメの作付け再開決定3
福島・広野町 コメの作付け再開決定4

福島・広野町 コメの作付け再開決定
11月20日 16時54分

原発事故のあと2年連続でコメの作付けが行われなかった福島県広野町で、来年から作付けを再開することが決まりました。
原発事故で緊急時避難準備区域に指定された5つの市町村のうち、再開が決まったのは初めてです。

町全体が福島第一原発の半径20キロから30キロの範囲にある広野町は、原発事故のあと緊急時避難準備区域に指定されてコメの作付けを行えず、解除後のことしは安全性を検討するため町が試験的にコメの栽培を行いました。
その結果、試験栽培のすべての袋で放射性物質の値が国の基準を下回ったことが確認され、さらに、来年以降の出荷にあたってはすべての袋の検査を行うことで安全性を確保できるとして、町は20日、来年から作付けを再開することを正式に決めました。
山田基星町長は「農業は広野町の基幹産業で、町の活性化に非常に大事だ。安全性を訴えて広野町のコメをアピールしていきたい」と話しました。
原発事故のあと、緊急時避難準備区域に指定された5つの市町村うち、再開が決まったのは広野町が初めてです。
広野町の農家の芳賀吉幸さんは「検査結果が出るまで夜も眠れないぐらい心配だったが、ほっとした。作付けができるようになると、未来に向けて進めると思います」と話していました。 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121120/k10013633711000.html
広野町   Google マップ

間違いなく来年、広野町の米は市場に出回ります。


あんなベルトコンベアーで空間線量測って、基準値超えても5日以内に全部出荷規制解除しちゃう状況ですから、間違いありません。
(参考)福島では、コメが基準値超で出荷規制かかっても、5日以内にほぼ規制解除しちゃうから!


また更に、日本の食品流通から安心という言葉が消え去るニュースでした。

おしまい。
おしまい
(日本が)


来年はさらに安全な米の確保が難しくなるかもね。





ニュースブログランキング⇒