sizuoka

愚かなり・・・
 富士市がれき受け入れへ 反対3地区が賛成の意向
    2012年11月28日
 
 震災がれきの受け入れに反対していた富士市の最終処分場周辺の神戸地区が二十七日、賛成に転じる方針を固めた。市によると、他の関係二地区も賛成の意向を示しており、がれきの本格受け入れの準備が整った。
 
 神戸、吉永、吉永北の三地区は七月、最終処分場に市外の廃棄物を持ち込まないことを定めた二〇〇九年の市との「確認書」に基づき、がれき受け入れへの反対を表明。市は六月に岩手県山田町の木材を試験焼却していたが、本格的な受け入れが暗礁に乗り上げた。
 
 市は二十七日、同市三ツ沢の神戸まちづくりセンターで、住民と協議。住民側の要望に応じて、最終処分場の将来の拡張工事は、現在地と別の場所で実施することを約束した結果、住民側も態度を軟化させ、震災がれきに限って特別に受け入れることを決めた。
 
 協議は非公開。終了後に本紙の取材に応じた鈴木尚市長は「住民の決断は大変ありがたい。がれきの安全を確認した上で、受け入れに向かって進みたい」と強調した。
 市は今後、市民全体を対象にした説明会などを開く。受け入れは年明けになる見込み
>最終処分場の将来の拡張工事は、現在地と別の場所で実施することを約束

こんなことしてまで受け入れたい理由は何なんだろう!?




原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論 (集英社新書)
広瀬 隆
集英社 (2012-11-16)
売り上げランキング: 615

 
ニュースブログランキング⇒