原爆大好きっ娘

 桜井よしこさん 「除染基準の緩和が必要」 郡山で講演
櫻井よし子
講演した桜井よしこさん
 
 ジャーナリストの桜井よしこさんが8日、福島県郡山市であった福島県双葉郡8町村の議員研修会で講演し「年1ミリシーベルトの除染基準は古里再生のために緩和すべきだ」と述べた。双葉郡は福島第1原発事故で多くの住民が避難を続けており、質疑で議員が反発する場面もあった。
 桜井さんは「放射線には幅広い意見があるが、政治家は事実を見るべきだ。人類が持つ科学的事実は広島、長崎、チェルノブイリの疫学データしかない。国連科学委員会や国際放射線防護委員会は100ミリシーベルト以下の影響に有意性はないと結論付けている」と強調した。
 その上で「科学的根拠のない年1ミリシーベルトを除染の基準にして大量の土砂を積み上げ、自分たちで新たな問題をつくり出している。大人は年20ミリシーベルト、子どもも10ミリシーベルトまでは大丈夫と、国の責任で言わなければならない。町村議は住民と一緒にうろたえていてはいけない」と言い切った。
 議員からは「安全性を本当に担保できるのか」「1ミリシーベルトは避難者の心のよりどころ」と反論が相次いだ。桜井さんは「反発、失望には驚かない。事実へ議論を積み重ねることが大切。私も福島復興のため最後まで関わり続ける」と応じた。

2012年12月09日日曜日
>大人は年20ミリシーベルト、子どもも10ミリシーベルトまでは大丈夫と、国の責任で言わなければならない。町村議は住民と一緒にうろたえていてはいけない」と言い切った。

100ミリSvまで健康被害はありません!だそうです・・・

よりリスクの少ないという側の見解だけを持ち出して、「大丈夫、大丈夫!浴びても大丈夫だから!」
と被害者をたしなめる、櫻井女史


 櫻井女史のお考え
中国が攻めて来る!

核の脅威を持つべき!

原発は維持すべき!

福島原発事故は大したことない




櫻井さんのご意見はこちらからどうぞ。
「 原発抜きで日本は生き残れるのか 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト
 

戦争まっしぐら!!

 
櫻井よし子代表、著作
日中韓 歴史大論争 (文春新書)
異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫)
中国に立ち向かう覚悟: 日本の未来を拓く地政学
中国はなぜ「軍拡」「膨張」「恫喝」をやめないのか: その侵略的構造を解明する (文春文庫)

 
ニュースブログランキング⇒