やっぱりこの人、原発のこと何も解ってない

安倍新内閣


 首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」
 安倍首相は30日のTBSの番組で、今後の原子力発電所建設について「(東京電力)福島第一原発の事故原因等々を冷静に見極める」とした上で、「新たに作っていく原発は、40年前の古いもの、福島第一原発とは全然、違う(ものにする)。国民的な理解を得ながら新規に作っていくことになるだろう」と述べた。


 前提条件付きながら、新規建設への意欲を初めて示した。

 首相は同じ東北の原発であっても東日本大震災の被害の程度に差が出た点を調べる考えも示し、「福島第一原発は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第二原発は対応した。(宮城県の東北電力)女川原発もそうだ」と指摘した。

 自民党の衆院選政権公約は原発政策について「10年以内に、将来にわたって持続可能な電源構成のベストミックスを確立する」との表現にとどまっていた。ただ、首相は就任前、新設を認めないとした民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べていた。首相は番組で、「国民は当面の電力需要への対応が不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』と言葉遊びに近い形で言ってのける方たちは(衆院選で)信用されなかった」とも述べた。

(2012年12月30日22時29分  読売新聞)
>「新たに作っていく原発は、40年前の古いもの、福島第一原発とは全然、違う(ものにする)

はぁ?どうやって?


最新のデータでは、
2008年6月の岩手、宮城内陸地震は、M7.2で4022ガル
4000ガル越え!


4000ガルに耐えられるプラントなんて作れるはずが無い!だろ!

4000ガルって地球重力(1G=約980ガル)の4倍だぞ!
4Gだぞ!!
1G超えたらどんな重いものだって、浮くんだぞ!

こうやって山が消し飛ぶんだぞ!
4000ガル
(2008年6月の岩手、宮城内陸地震)

バカじゃないの?
自然を舐めるな!


さらに、


首相いわく
>「福島第一原発は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第二原発は対応した。(宮城県の東北電力)女川原発もそうだ」と指摘した。


3.11地震の震源から距離
福島第一 178km.
福島第二 183km
女川:125km


コレだけ離れた箇所で起きた地震だぞ!

これだけ、震源から離れてるから何とか助かったんだし
福島第二も女川もいろいろな偶然と奇跡が重なってメルトダウンを防げたんだよ。

もしコレが
直下型だったら、プラントは消し飛ぶし、
3.11の様に距離が遠くなかったら
最初のP波で制御棒が降りる前にプラントが傾いてすぐさまメルトダウンだよ!



女川だって
1号機ではボイラー用の重油タンクが倒壊したり、
原子炉建屋などで20個所が水漏れたり
1号機のタービン建屋の地下1階で火災が発生したり
3号機の燃料カバーに損傷があったり
いろいろ起きてるんだよ。


首相は、原発事故の内容を確認したことがあるのだろうか?

安全のことなんか、これっぽっちも解ってない!




コレを観たらすぐわかる!
いかに原発が危険なものかが
安倍首相の言っていることが戯言かが!!
1
広瀬隆&山本太郎 作 反原発DVD
「テレビと新聞が伝えない 太郎ホントの話」 
 vol.1 原発大丈夫?!地震編
http://www.taro-honto.jp/




まだ読んでない人は
お正月にどうぞ!



ニュースブログランキング⇒