次から次へと隠し事がでてきますね。
あと何を隠してるんだろう・・・

まぁ、
作業員の被曝管理も法令順守も、結局、何一つ守っていないということですね


ちょっと長いので下に要約あり
 福島原発作業員:手足被ばく測定せず…事故後2〜3カ月
毎日新聞 2013年01月04日 02時30分(最終更新 01月04日 02時40分)

 東京電力福島第1原発事故後2〜3カ月、足元のがれきなどが高線量なのに胸部だけで放射線測定し作業していたことが、元東電社員らの証言で分かった。手足の被ばくは「末端部被ばく」、頭などの被ばくが胸より多ければ「不均等被ばく」と呼ばれ、その場合は胸とは別に手足などへも線量計装着が法令で定められている。東電は「当初は胸部での測定で全身の線量管理はできていた」とするが、専門家は疑問視し、将来健康被害が生じた場合に備え、手足などの被ばく線量を早急に推計すべきだとしている。

 ◇東電「胸部での測定で線量管理」

 同原発で放射線管理を担当していた東電社員(当時)の男性は、事故直後の電源復旧作業の際、1号機の原子炉建屋近くで水たまりに何度か足を突っ込んだ。革製安全靴と靴下は浸水。周辺の線量は毎時10〜20ミリシーベルトだったが、足元には直接測ると100ミリシーベルト超のがれきもあった。建屋周辺では連日、数百人が作業に当たっていた。

 作業時に手元や足元の線量が高い場合は本来、「リングバッジ」と呼ばれる線量計を手足の指などに装着するが、この時は、各種放射線のうち透過能力の高いガンマ線を測定するAPD(警報付き線量計)を胸部に着けていただけ。男性は「足指のしびれが数カ月続いたが、不衛生な環境のせいだと思い病院に行かなかった」と話す。

 別の放射線管理員の会社員男性も「高線量のがれきを手で処理しても、指先や目の水晶体の被ばく測定などはしていなかった。手と胸の数十センチの差で何倍も線量が違うこともある」と指摘。「(細胞破壊力が強い)ベータ線を圧倒的に出す核種もあるのに、ガンマ線用の胸部のAPDだけでは評価できないケースもある」と明かす。

 事故から2〜3カ月後にはリングバッジが行き渡ったが、元東電社員の男性は「そんなに(手足の被ばくが多い)危ない作業をしていたのか」と同僚と心配しあったという。

 東電広報部は「当初はベータ線よりガンマ線が高く、胸部のAPDで全身の線量管理はできていた。汚染水処理装置の稼働などでガンマ線が落ち着きベータ線が目立つようになったのでリングバッジを着けるようにした」と説明。「作業後には全身を汚染検査しており、11年3月に高汚染水で3人が被ばくしたこともこの検査で判明した。追加調査の必要はないと考えている」と回答した。

だが、安斎育郎・立命館大名誉教授(放射線防護学)は「当初からベータ線も相当量浴びたはず。汚染検査は体表面の付着物は測定できるが、作業時の末端部、不均等被ばくは測れない」と指摘。「いつどこでどんな作業をしたか調べ、末端部などの線量を推計しないと、がん発症時に作業との因果関係が証明できず労働者を救済できない。国や東電は一刻も早く調査に乗り出すべきだ」と話している。【袴田貴行】

 ◇末端部被ばく・不均等被ばく◇

 末端部被ばくは、胴体より手足が多くの放射線量を受けること。不均等被ばくは、胴体のうち基本部位の胸部より頭部や腹部が多くの放射線量を受けること。原発の放射線管理区域では通常、胸部に線量計を着けて全身被ばく線量を測るが、末端部被ばくや不均等被ばくがある場合は、別の部位にも線量計を着けて局所被ばく線量を測定するよう電離放射線障害防止規則で定められている
要するに、
 高線量に汚染された瓦礫の上を歩いたり、手で汚染された物をどけたり、触ったり、くぐったりするから、
手足や頭とかの方が胸より汚染されるわけ。


だから、
線量計を胸部だけじゃなく、手足にも線量計を付けなくちゃいけないという法令があるんだけど、それを無視してた。 という事
 

それを指摘されて東電は、
大丈夫、大丈夫!ちゃんと管理してたし、途中から付けたから( ゚ω^ )v」
 
と言ってるということです。
 

ちなみに

PDF◆太郎DVDー5放射能の危険性-03_01

距離が1/2になると被曝量が4倍!になります

足元や手先で高線量に触れた場合の線量とその時の胸部での線量・・・
東電作業員
どう考えたって、手足の方が高線量物に近づくことが多いに決まってるよね


手先から5センチ、胸部から50センチの場所のあれば距離差が10倍
そうすると、
被曝量は100倍


そりゃ
こんな事してたら、働いてる作業員も逃げ出すわ


 そしてもう二度と戻って来ないよ


放射能の危険性はコチラで勉強されたし!

hirose02zenpenf_01

テレビと新聞が伝えない
 太郎ホントの話 
vol.2
 
「放射能のどこがこわいの?」
山本太郎が広瀬隆に聞く!



原発事故の最前線で働く作業員たちが語った本音の数々




ニュースブログランキング⇒