「原発再稼働」「需要拡大」=諮問会議で重視-民間議員2氏
 政府が再開する経済財政諮問会議の民間議員に内定した三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長は7日、都内で記者団に対し「成長戦略とエネルギー政策を諮問会議のテーマとしたい」と語った。特にエネルギー政策に関して「いかに原発を再稼働するかだ」として、再稼働が必要との立場を論議で強調する考えを示した。
 
 適正な為替水準については、円安が進むと原油や天然ガスの輸入コストが上昇することを踏まえて「1ドル=100円以内」と言及。環太平洋連携協定(TPP)は「できるだけ早く交渉に入るべきだ」と改めて求めた。
 
 同じく民間議員に内定した東芝の佐々木則夫社長は、デフレ脱却へ向けて「金融緩和や公共事業でカンフル剤を打つとともに、技術革新や規制緩和で産業そのものの競争力を強めることが不可欠だ」と語った。具体策として「設備や雇用を維持しながら需要を伸ばしていくには、中間層の購買意欲を湧かせる施策が必要だ」と訴えた。 

(2013/01/07-21:06)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013010700862
三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長
三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長

「いかに原発を再稼働するかだ」
(TPP)は「できるだけ早く交渉に入るべきだ」



こういうの見ると、もう国家は企業の下なんだなぁ・・・ってつくづく思うね。


この世界で一番偉いのは市場(国際的企業)
その下に国家
そしてその下に国民

国家は国民のためにではなく、一部の企業のためにある。

だから国民の健康も幸せも二の次、三の次。


ちなみに
★重要補足★
 三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長は、
東電の社外取締役でもあります。


役員一覧|企業情報|東京電力

ね★
反吐が出るでしょ
☆(ゝω・)vキャピ
 
政府の経済財政諮問会議の民間議員に東電の取締役がこっそり紛れてるって
そしてそいつが国のエネルギー政策に関わってる!

つくづくだよね~ (*゚д゚) 、ペッ

東電回し者がエネルギー政策の舵を取ります。
見過ごせない!
絶対辞めさせるべきでしょ。

この事実が拡がりますように!!
許すまじ



脱原発を決めたドイツの挑戦  角川SSC新書  再生可能エネルギー大国への道
熊谷 徹
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)


 
ニュースブログランキング⇒