玄葉

時系列

身分を隠して中国の外交官が2002年から、玄葉光一郎前外相の秘書として活動
(玄葉氏の外相就任後も「外務大臣 玄葉光一郎秘書」として活動)

去年5月に中国の外交官だという事が発覚

警察の出頭要請無視して、逃亡。中国へ逃げる

外務省は「元書記官はスパイの可能性が高い」と発表

玄葉氏の秘書、昨年9月中旬、北京市の研究機関からの招きで訪中し、以前から知り合いだった元書記官と密会 

玄葉事務所は「秘書ではなくボランティアのお手伝い、という認識」という言い訳で逃げようとしている←NOW!

スパイ疑惑の中国元書記官、前外相秘書が接触

 玄葉光一郎前外相(48)の男性私設秘書(43)が昨年9月、外国人登録法違反容疑などで書類送検された中国大使館の元1等書記官(45)(起訴猶予)と北京市内で接触していたことが分かった。

 当時、元書記官の刑事処分は決まっておらず、「身分を偽ってはいない」などと無実を主張したという。現職外相の秘書が、スパイ活動の疑いを持たれていた容疑者と現地で接触するという外交上、不適切な事実が明らかになった。

 元書記官は外交官の身分を隠して外国人登録証明書を取得したとして昨年5月、警視庁から出頭を要請されたが、応じることなく帰国した。当時の玄葉外相は記者会見で「中国側に抗議した」と説明。同庁は「元書記官はスパイの可能性が高い」と発表していた

 玄葉氏の秘書は昨年9月中旬、北京市の研究機関からの招きで訪中し、以前から知り合いだった元書記官と会った。秘書は読売新聞の取材に「友人として会った。何も頼まれていない。玄葉氏には報告していない」と話している。東京地検が元書記官を起訴猶予としたのは翌10月だった。

 秘書は2002~03年に玄葉氏の私設秘書として勤務後、地方議員などを務め、玄葉氏の外相就任後は「外務大臣 玄葉光一郎秘書」という名刺を持ち、福島県内での公的な行事に代理出席。報酬はないが経費は玄葉事務所が負担していた。

 玄葉事務所は「各種会合に月1回程度代理出席してもらっていた」としながら、「秘書ではなくボランティアのお手伝い、という認識」と説明。訪中についても「承知も関与も一切していない」としている。

(2013年1月14日08時39分  読売新聞)
>北京市の研究機関からの招きで訪中し、以前から知り合いだった元書記官と会う

はい。どう考えても中国様とグルです。
 
こんな奴が外務大臣やってたとか、恐怖だな。



内閣官房参与・飯島勲氏 

「一番危険だと思ったのは、官邸に出入りできる人間が増えたこと」 
「1000人近くカードを発行しているので、すべての人を調べてみたら、左翼的な人が80人、前科のあるものもいた」 

13日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』

 
官邸に自由に出入り出来るフリーパスをバンバン発行してたんだね。(話半分だとしても)
そりゃ機密なんかダダ漏れだわ。


玄葉の例は、ごく一部だろうね。
他にもイッパイこういう輩が紛れ込んでいることは確かだね。




総理官邸の真実
総理官邸の真実
posted with amazlet at 13.01.14
伊藤 達也
PHP研究所



ニュースブログランキング⇒