東北大、福島原発警戒区域内に残された牛の人工放射性物質の体内分布に関する系統的な研究成果

これは、人間の被曝も同じだろうから、メモとして

 東北大、福島原発警戒区域内に残された牛の人工放射性物質の体内分布が判明
福島第一原子力発電所事故に伴う警戒区域内に残された牛における
人工放射性物質の体内分布を明らかに


<研究成果の概要>

 福島第一原発事故によって大量の放射性物質が環境中に放出されました。この原発事故に伴う放射性物質の体内動態と内部被ばく線量を評価するための基本データを得ることを、この研究では目的としました。福島原発から半径20km圏として設定された警戒区域内に残され、2011年8月29日から11月15日の間に安楽殺された、川内村と南相馬市の79頭の牛について臓器別にγ線を放出する放射性物質の放射能濃度を計測しました。すべての臓器でセシウム134とセシウム137の放射能がほぼ1:1の濃度で検出されました。さらに、半減期の比較的短い放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積していました。回帰解析の結果、臓器中の放射性セシウム濃度は血液中の放射性セシウムに比例しており、骨格筋で最も高く、血中の約21倍でした。また、各臓器別に放射性セシウム濃度を比較すると、臓器によらず母親に比較して胎児で1.2倍、仔牛で1.5倍でした。放射性セシウムの放射能濃度は牛の捕獲場所と餌に依存していました。本報告は福島原発事故に関連して警戒区域内に残された牛の放射性物質の体内分布に関する系統的な研究成果です。
 なお、本研究は東北大学加齢医学研究所、農学研究科、理学研究科、高等教育開発推進センター、歯学研究科、山形大学、新潟大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所の共同研究として行われました。
>放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積
>器中の放射性セシウム濃度は血液中の放射性セシウムに比例しており、骨格筋で最も高く、血中の約21倍でした
>各臓器別に放射性セシウム濃度を比較すると、臓器によらず母親に比較して胎児で1.2倍、仔牛で1.5倍



これらは、山本太郎さんと広瀬さんのDVD「太郎ホントの話の」放射能編
でも解説してましたね


PDF◆太郎DVDー5放射能の危険性-04_01

福島原発事故後、何の対策もせず、周辺で住む人は、程度の差はあれど
同じような状況になっていることは間違いないわけです。


賢者は歴史に学ぶ 
愚者は経験に学ぶ

なんで同じこと繰り返すのかね


現在のウクライナがどういう状況か、コレが日本の未来。読んどけ!

読んでない人は読め!


 
ニュースブログランキング⇒