中日本での上昇は、たまたまでしょうか!?


13日正午には日本に放射性物質…避難は不要

 
 文部科学省は12日、北朝鮮の地下核実験で放射性物質の一部が大気中に漏れた場合の拡散予測を発表した。


 コンピューターで計算した予測によると、13日正午には日本に放射性物質が到達する。ただ、過去2回の地下核実験時には、国内では放射性物質は検出されていない。同省は「放射性物質の監視を効果的に行うための参考情報として算出したものであり、避難などを心配する必要はない」と説明している。

 計算では、国内外の原発事故時に、最大で半地球規模での拡散予測を行う「世界版SPEEDI(スピーディ)」を使った。放射性物質の放出量は把握できないため、代表的な放射性物質として、放射性ヨウ素が1時間に1ベクレルの割合で大気中に放出されたと仮定。気象条件を考慮した上で、13日午後6時までの拡散状況を計算した。

(2013年2月12日22時47分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130212-OYT1T01097.htm?from=ylist


文部科学省
北朝鮮による核実験実施発表に対する放射能影響の観測結果等について(第2報)
平成24年2月12日 
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/02/1330786.htm
(別紙)モニタリングポストによる空間線量率調査結果報告(平成25年2月12日11時~平成25年2月12日15時) PDF
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/02/__icsFiles/afieldfile/2013/02/12/1330786_1.pdf  



上昇が気になる県
京都
近畿・中国 京都

兵庫
近畿・中国 兵庫
富山
北陸・東海 富山
福井
北陸・東海 福井
岐阜
北陸・東海 岐阜


その他、全国
(見比べてみて)
http://ma-04x.net/4.html 

こんな感じかしら!?
北朝鮮 地図 核実験



全部が全部北朝鮮産かは、分かりませんが、変化の出ている部分はそうじゃないでしょうか。





ニュースブログランキング⇒