風疹
風疹とは(国立感染症研究所感染症情報) より



都内の風疹患者 去年の32倍
2月14日 17時5分

首都圏を中心に大流行している風疹の患者が、都内では今月10日までの6週間で260人に上り、去年の同じ時期の32倍となっています
専門家はこのペースで流行が続くと妊婦に感染が広がり、赤ちゃんに障害が出る可能性が高まるとして、妊娠を希望する女性や妊婦の夫などに予防接種を受けるよう、呼びかけています。

風疹は妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんの心臓や耳などに障害が出るおそれがあり、去年10月以降、実際に障害が出た「先天性風疹症候群」の赤ちゃんが全国で6人報告されています。
風疹は去年、関東や関西を中心に流行し、患者の数が過去5年間で最も多くなりましたが、ことしは、それをさらに上回るペースで流行していて、特に都内では、今月10日までの1週間に、90人が新たに報告され、患者数は6週間で合わせて260人に上り、去年の同じ時期の32倍となっています。
患者の8割近くが男性で、その多くが、子どもの頃に風疹の予防接種を受けていない20代から40代です。
また、最近は、20代の女性も増えていて、専門家は妊娠を希望する女性をはじめ、妊婦の夫や同居する家族で風疹にかかったことがなく、予防接種を受けていない人に対して、ワクチンの接種を呼びかけています。

 
東京都健康安全研究センター疫学情報担当課の杉下由行課長は、「風疹は春から夏にかけて流行する感染症なので、冬にこれだけ流行するのは異常事態で、妊婦に感染して子どもに障害が出るのが心配だ。ワクチンの接種が唯一の予防法なので、接種していない人は必ず受けてほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130214/k10015520601000.html


患者の数が過去5年間で最も多くなった去年のさらに32倍のペース!

>冬にこれだけ流行するのは異常事態


なぜ、去年からこんなに、色々な感染症が激増しているのか!?


たとえば、

マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマ
 過去5年で2.8倍(しかもすでに上昇している去年を含め)

RSウィルス
RSウィルス





チェルノブイリ周辺では、インフルエンザ、結核などの感染症に多くの人が掛かったって報告よくあるよね



ナロジチの人々は、自らは汚染された作物を食べざるを得ません。その結果、放射能が体内に取り込まれて体内組織が直接放射能の攻撃を受けるため(内部被曝)、健康への被害も大きなものとなります。ナロジチはウクライナでもガンや結核などの感染症が最も多く、
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/pg150.html

血液の検査をすると、子どもたちの抵抗力が落ちているのがわかります。健康な子どもの割合は、ロフコビチ村の場合130人中、わずか2人です。あとの子どもたちは、血液などのトラブル(赤血球の減少など)をかかえているのです。今は、子どもたちの結核が増えています。汚染地に住んでいると、ゆっくりとそしてだんだん身体が弱くなっていくのです。
http://www.kakehashi.or.jp/?p=2391


 
これからまだまだ、色々な症状が現れるのかも・・・






ニュースブログランキング⇒