ふくしま集団疎開裁判:弁護団長 柳原敏夫さんから、各所にお願いとして拡散中のメールを転載いたします。


疎開裁判の最新情報報&拡散のお願い:2.13福島県の重大発表
2.23新宿デモへの参加と賛同アピールのお願い
                     弁護団長 柳原敏夫


4日前の2月13日に、福島県は重大発表をしました。

子ども達の健康被害がかつてなく深刻になっていることが判明したからです
(しかし、福島県は必死でそれを隠し、NHKらマスコミも全面的協力をしま
した)。

小児甲状腺ガンは通常なら百万人に1名なのに、二次検査した151人の子ど
もから10名の小児甲状腺ガン(確定とほぼ確定の合計)が見つかりました。
6~10歳女子の55.6%、女子11~15歳の58.2%に甲状腺の異変
(のう胞または結節)が見つかりました。これも過去最高です。
重要なことは、甲状腺ガンは子ども達の健康被害の氷山の一角、象徴的な出来
事だということです。
既に、子ども達の白血病、心臓病、腎臓病、免疫力の著しい低下等の異変は起
きています。今回の結果は今後発生する子ども達の様々な疾病の桁違いの被害
発生に対するまぎれもない危険信号なのです。
こころある医師も緊急声明を出しました。

◎ 福島の子どもたちの甲状腺がんについての緊急見解

一刻も猶予はなりません。

しかし、これに対する政府の対策は、
1、事故当時18歳以下の子どもたちの生涯にわたり医療費無償化の検討であり、
2、福島県農産物の風評被害を払拭するため、県産品の販売を強制させる法律
制定の検討であり、
3、県外への自主避難世帯への住宅の借り上げ制度の新規受付の終了
4、福島の放射能汚染に警鐘を鳴らしてきた唯一の首長井戸川双葉元町長に対
する全面的ないじめ
つまり、子ども達を福島に閉じ込め、福島県産を強制させるという「ふくしま
収容所」政策です。子どもに対するこれほどの人権侵害を過去に見たことがあ
りません。

これに対して、世界から抗議の声があがっています。先日、米国のアクティビ
ストのノーム・チョムスキーは次のメッセージを寄せてくれました。

------------------------------
福島の大震災により、あまりにも悲惨な被害を受けた地域にいまだ何十万人も
の子供たちがとり残され、しかも明らかに深刻な危険にさらされていることを
知り、とても心が痛み、本当に驚いています。子供たちを安全な場所に、一刻
も早く避難(疎開)をさせないという失態は、絶対に許されません。2月23
日の行動(デモ)が、あってはならない恐ろしい大惨事を引き起している、こ
の残酷な政策に対し、終止符を打つことを強く希望します。

                      ノーム・チョムスキー

◎2.23新宿デモ
私たちはこの「ふくしま収容所」政策を改めさせ、子ども達を救うために、東
京で初めてのデモを2月23日にすることにしました。

デモの告知文

チェルノブイリで、チェルノブイリ憲法9条であるチェルノブイリ住民避難基
準が採用されたのは、人権のない全体主義国家ソ連のもとで、これを要求する
多くの市民の声、市民のデモが起きたからです。デモが政策を変えたのです。

チェルノブイリがそうだったように、日本でも私たちの声、私たちのデモがふ
くしまの子どもたちの命を救います。
2月23日のデモに、一人でも多くの市民の声が届くように、どうか参加をお
願いします。

そして、
山本太郎 船橋淳 野中ともよ 神田香織 広瀬隆 広河隆一 荒井晴彦 お
しどりマコ 高橋哲哉 沢田昭二 柄谷行人 崎山比早子 鄭義信 チョムス
キー  ちばてつや 小出裕章 
さんたちと一緒に、以下からデモ賛同人に名前を連ねて下さるよう、お願い申
し上げます。

よろしくお願いします。


-----------------------------------------
      柳原敏夫(Toshio Yanagihara)
     
    ふくしま集団疎開裁判
   子どもの集団疎開の即時実現を要求する緊急署名を!
   http://fukushima-syomei.blogspot.jp/
   あなたも世界市民法廷の陪審員として評決を!
   http://fukusima-sokai.blogspot.com/
  -----------------------------------------

 

福島の小児甲状腺がんの発生率はチェルノブイリと同じかそれ以上である可能性が明らかになりつつ今、その事実を隠そうとする者たちの言いなりになっていては、いけないね。

 
今からでも遅くありません!
チェルノブイリ学び、行動を起こしましょう!

とりあえず、
2/23はアルタ前に集合!

◎名称  子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿デモ
◎日時  2月23日(土)
13:00~ 新宿東口アルタ前広場集合 呼びかけ人や福島からスピーチ
14:30~ デモ出発 (コースは以下の通り)
15:20~ デモのゴール、アピール 
◎集合場所  新宿アルタ前(東京都新宿区新宿3-24-3)地図

《アクセス方法》
・新宿駅東口より徒歩1分
・東京メトロ丸の内線新宿駅より徒歩0分
・西武新宿線新宿駅より徒歩2分  

◆内容
◎オープニングの発言
井戸謙一(志賀原発差止判決の元裁判長・疎開裁判の弁護団)
井上利男(ふくしま集団疎開裁判の会代表)
福島からの声->吉田邦博さん(南相馬 安心安全プロジェクト代表)
避難受入先からの声->榎本健二さん(新潟県魚沼市 新潟雪だるまの会

◎デモコース             地図をクリックすると拡大します

★ただ今、疎開裁判とデモを支持する個人と団体に賛同とメッセージを募集中です->こちらからお申込み下さい。 

主催その他
◎主催 ふくしま集団疎開裁判の会
連絡先 光前法律事務所 (03-5412-0828)
メール:sokai※song-deborah.com ツイッター:※Fsokai   ←※を@に変更下さい

詳しくは
ふくしま集団疎開裁判
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
 






ニュースブログランキング⇒