手賀沼は柏市と我孫子市の境目
手賀沼 印旛沼   Google マップ.png

手賀沼で最大1万5300ベクレル 放射性セシウム 河川への流入は減少
    
2013年2月28日

 
 県は二十七日、昨年十二月から今年一月に実施した手賀沼と印旛沼の二回目の放射性物質モニタリング調査結果を発表した。
 手賀沼の底泥の放射性セシウムの最大値は一キログラム当たり一万五三〇〇ベクレルで、昨年五~七月に実施した前回の最大を約三〇〇〇ベクレル上回った。印旛沼の最大は三三〇〇ベクレル(前回最大一〇五〇ベクレル)だった。
 手賀沼への主要な流入河川では、最大六〇〇〇ベクレル(同一万一九〇〇ベクレル)、印旛沼への流入河川は同二六四〇ベクレル(同四六〇〇ベクレル)で、いずれも前回を下回った。河川に流れ込む放射性物質が減ったと考えられるという。
 沼の底への蓄積について、県は「今後の調査の推移を見たい」としている。三月に三回目の調査を予定している。(小川直人)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130228/CK2013022802000134.html



前回3300ベクレル/kg⇒今回15300ベクレル/kg

濃縮 絶賛進行中



測定結果(速報値)概要

(1)水質

放射性セシウム(134及び137)

全地点で検出されませんでした。

(2)底質

放射性セシウム(134及び137)(乾泥)(*は、1回目(平成24年5月~7月)測定結果)

手賀沼

790~15,300Bq/kg(最大値は大堀川河口付近)

(*540~12,200Bq/kg:最大値は大津川河口付近)

手賀沼流入河川

960~6,000Bq/kg(最大値は亀成川・亀成橋)

(*1,290~11,900Bq/kg:最大値は大堀川・新駒木橋)

印旛沼

450~3,300Bq/kg(最大値は船戸大橋下流)

(*570~1,050Bq/kg:最大値は上水道取水口下)

印旛沼流入河川

153~2,640Bq/kg(最大値は三咲川・大穴付近)

(*176~4,600Bq/kg:最大値は印旛放水路・ゆらゆら橋)


手賀沼流域結果詳細(PDF:100KB)

印旛沼流域結果詳細(PDF:175KB)

県1回目調査・環境省調査との比較(PDF:111KB) 

 http://www.pref.chiba.lg.jp/suiho/press/2012/20130227houshakekka.html



海でさえコレなのに

PDF◆太郎DVDー5放射能の危険性-05_01

PDF◆太郎DVDー5放射能の危険性-05_02

太郎ホントの話DVD Vol.2 放射能編 より

閉じられた沼や湖なんかは、ずーっと濃度低下しないだろうね。







 
ニュースブログランキング⇒