避難者帰還へ線量ごとに安全指針…政府が年内に

避難指示解除準備区域」への帰還を認める
 

 政府は、東京電力福島第一原子力発電所事故による避難者の帰還に向け、放射線の年間積算線量に応じた安全指針をつくる。

 震災後、当時の民主党政権が年間積算線量を1ミリ・シーベルト以下に下げるとした長期的な除染目標が事実上の安全基準と受け取られ、帰還の障害となっているためだ。国内外の有識者の意見を踏まえて原子力規制委員会が考え方をまとめ、政府が年内に取りまとめる。

 政府は2014年春にも、避難指示区域のうち年間積算線量が20ミリ・シーベルト以下の「避難指示解除準備区域」への帰還を認める方針だ。避難指示が解除されれば住民は帰還できるが、「1ミリ・シーベルトでないと安全ではなく、帰れないという感覚が被災者に生じている」(政府関係者)のが現状だ。

 政府は長期的な目標として1ミリ・シーベルトの除染基準は維持する。一方で新たな指針は、年間積算線量が5ミリ・シーベルトや10ミリ・シーベルトなど、線量の段階ごとに、安心して生活するために必要な対応策を示す。

(2013年3月11日04時14分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130310-OYT1T00990.htm




どんどん、なあなあになっていくね。

政府が帰還を認めるわけだから、保証ももうなくなるね。

子供の甲状腺の異常が、判明し始めても政府やマスコミ、一部専門家に黙殺されちゃって、さらに線量の高い場所に人を戻そうとしてるんだもん。
世の中の人は、放射能に対する、興味がどんどんなくなって、どうなっていくのかね、この国は。



低線量被曝のモラル
低線量被曝のモラル
posted with amazlet at 13.03.11
一ノ瀬 正樹 伊東 乾 影浦 峡 児玉 龍彦 島薗 進 中川 恵一
河出書房新社




 
ニュースブログランキング⇒