先月29日に環境省から発表された水質モニタリングの結果ですが、日刊ゲンダイでも取り上げられて少しだけ話題になってるみたいなんで、紹介。



 水域河川名          採取地点   市町村名   濃度 
手賀沼流入河川・大津川  上沼橋    千葉柏市 14200ベクレル 
江戸川水系・新坂川     さかね橋   千葉松戸市 3600ベクレル 
印旛沼流入河川・手繰川  無名橋    千葉佐倉市 2780ベクレル 
利根川水系・根木名川    新川水門   千葉成田市 1080ベクレル 

3
 
こちらが、元データの環境省の資料
※クリック拡大
水質モニタリング 千葉4
水質モニタリング 千葉5
水質モニタリング 千葉6
水質モニタリング 千葉7
水質モニタリング 千葉8



首都圏の水がめ。というか千葉県の水がめだけど、
『手賀沼千葉柏市 14200ベクレル』この底土に住んでる生物が何ともないわけないよね。

この汚染された川・沼はこの先何十年も汚染されたままだね。


昨日も、福島の生物の異常を発表したニュースがあったり、
3月30日に東京大学内で開催された、研究者による福島県のほ乳類や鳥類、昆虫、植物から見つかった異常についての報告内容が話題

関東の風疹患者が例年の200倍になってたり、

 取り返しの付かない事がどんどん進行している。
そんな恐怖が現実になってきたような気がするね。




セラフィールドは75年まで放射性物質を海に垂れ流してて、批判されそれ以降垂れ流しを止めたけど、
未だに周辺海域の(生物の)汚染レベルは低下してないんだよ。



 
ニュースブログランキング⇒