すでにご存じの方もいっぱいいるとは思いますが、

江戸川区の篠崎第五小学校が校内の竹林でタケノコ掘りを行い、16日の給食で、タケノコご飯として全校生徒に食わした。というニュースがありましたが、あまり拡散してないようなので、紹介


小学生がタケノコ掘り 東京都江戸川区
2013.4.15 20:45

収穫されたタケノコは、給食と卒業証書に

収穫されたタケノコは、給食と卒業証書に

 江戸川区立篠崎第五小学校(東京都江戸川区北篠崎)の6年生80人が15日、校内の竹林でタケノコ掘り行った。

 児童たちは教員らの指導で、軍手をはめ、スコップを持って挑戦。掘り出すとき、タケノコが途中で折れるなど悪戦苦闘したが、約10~60センチの計40本を収穫できた。中身は16日の給食で、タケノコご飯として全校に振る舞われる。皮は6月、埼玉県小川町にある和紙の体験学習施設に行き、6年生の児童たちがその繊維を使って自分の卒業証書を作るという。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130415/tky13041520460004-n1.htm


>中身は16日の給食で、タケノコご飯として全校に振る舞われる。



千葉県産タケノコの放射性セシウム濃度

より大きな地図で 千葉県産タケノコの放射性セシウム濃度 を表示




もちろん学校は、放射能測定もせずに給食に使っています。


「江戸川区教育行政を考える保護者の会」HPに学校とのやり取りをまとめたものを掲載してくれているので転載させてもらいます。


江戸川区教育行政を考える保護者の会

当会としても事実関係の把握と矛盾について問い合わせを行いました。

副校長による学校側説明と、調整を取った言う区教育委員会の言い分に食い違いがある上に、区教育委員会にしても過去の主張とも矛盾する回答が帰ってきました。

以下、やり取り。

篠崎第五小学校に電話するが校長不在で副校長と電話で話す
(副校長)
タケノコは江戸川区教育委員会、東京都に相談し安全を確認しています。
基本的に給食で出されているもの流通しているものは安全と考えています。
江戸川区教育委員会学務課給食係山口氏と電話で話す
(会)
今日 篠崎第五小学校のタケノコの安全確認はどのようにしたのですか?
(山口氏)
「栄養士さんが給食で校庭で採れたタケノコを出します」とおっしゃるので、学校できめたことですから、「はいそうですか。」と答えただけです。
(会)
学校は安全確認できているといったのに随分話がちがいます。
今日の給食に出されてしまいます、誤解があるなら電話して学校と確認してください。
(山口氏)
電話で篠崎第五小学校に話をしてみます。
でも 安全は江戸川区の農作物を基準に安全ですから、タケノコも安全ですけどね。

とのこと。

再度、江戸川区教育委員会学務課給食係山口氏と電話で、学校とのやり取りを確認する。
(山口氏)
タケノコは、江戸川区の農作物で安全確認していますのでタケノコも大丈夫です。
安全です。
東京都とも安全を確認していますと、副校長先生はおっしゃっていましたけど。
(会)
江戸川区で東京都にも確認したのですね?
(山口氏)
いいえ、東京都には確認していません。
再度 篠崎第5小学校副校長に電話で話す。
(副校長)
江戸川区と学校の見解は同じです。
江戸川区の小松菜も安全ですし、農作物も安全ですからタケノコも安全です。
タケノコを食べない理由がありません。
(会)
タケノコは、小松菜となりたちが違うので同じ扱いはできないのでは?
(副校長)
ほかの団体にも同じことを言われました、勉強不足でした。
(会)
勉強不足で安全を判断するというのは矛盾しますが、安全の判断していいのですか?
(副校長)
そう言う意味ではありません、タケノコの安全性が揺ぎはしません。
タケノコの安全性は確認してあります。( 江戸川区の小松菜が安全なんですから)

本日、千葉県に問い合わせたところ、千葉県の数箇所でタケノコは出荷制限が出ていることを確認。

東京都は、今年に入りまだ時期的なこともあり検査数はすくないですが、目黒のタケノコは基準値以下。尚、江戸川区のタケノコはいままで検査結果がないとのこと。

詳しくは
http://edu-parents.org/?p=343



いや~、校長も教育委員会も、生徒のことなんかこれっぽっちも考えてないなー
ただ決められたことをこなすだけ。
まさにお役所仕事


何が怖いって保護者からそれほど反対の声が出てないってことだね。




 
ニュースブログランキング⇒