くみ上げた地下水、海に放出…原発汚染水抑制へ
読売新聞 4月26日(金)22時13分配信
 
 東京電力は26日、福島第一原子力発電所で汚染水抑制策の柱と位置付ける地下水のくみ上げを、近く本格化させることを決めた。

 同日の記者会見で、地元漁業関係者などの同意を得て、今後、くみ上げる大量の地下水を海に放出するめどが立ったと説明した。地下水の放射性物質濃度は、国が定める放出基準の上限値を大幅に下回り、海洋汚染などの悪影響はないとした

 同原発では、事故時に溶融した燃料が残る原子炉建屋の地下などに、1日平均で約400トンの地下水が流入し、汚染水増加の最大の原因になっている。そこで、東電は、建屋周辺に12本の井戸を掘り、地下水をあらかじめくみ上げることで、汚染水増加の勢いを抑える準備を進めてきた。まず試験が済んだ4本の井戸でくみ上げを始め、残り8本も来月中に準備を終える。建屋への地下水流入は100トン程度減るという。

最終更新:4月26日(金)22時13分


>地下水の放射性物質濃度は、国が定める放出基準の上限値を大幅に下回り、海洋汚染などの悪影響はないとした

うん。そうだね。
水(流入地下水)で薄まったから濃度は低くなるね。



今日の定例ブリーフィングで
読売 :地下水バイパスは3系統稼働で1000トンくみ上げるというが、全部海に放出するのか。 
東電:モニタリング後に放出する。 

読売 :Csの放出許容目安値とは何か。 
東電:周囲の河川などの数値を確認して、このくらいならという目安。 飲料水の基準などを見ながら十分低いと判断。 
というやり取りがありましたが、


放出許容目安値とは
放出許容範囲

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/120924/120924_01n.pdf
おそらくこれかな。(去年の9月に放出した時に東電が出してきた資料)
これだと基準はCs137が1Bq/L


とあるので、

1000トン海へ垂れ流すということなので

1リットル=1Kg

1000トン=1,000,000kg だから

よってセシウム137だけの基準は1,000,000ベクレル(100万Bq)までOKということだね。

100万Bqまでは、海に放出してもいい!ということです。


薄めるから大丈夫だね☆(ゝω・)vキャピ



海は~広いな~大き~い~なぁ・・・・(´;ω;`)




 
ニュースブログランキング⇒