この首長たちにとって、いったい福島原発事故とは、何だったのでしょう。




浜岡再稼働、首長は慎重 新基準適合でも9人否定
(2013/5/14 7:27)


 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)は14日で全炉停止から2年を迎えた。再稼働時期はいまだ見通せず、県内35市町の市長・町長のうち9人が「再稼働を認めるべきではない」と明確な認識を持っていることが、静岡新聞社のアンケートで明らかになった。原子力規制委員会による原発新規制基準の施行を7月に控え、中電は再稼働を見据えた地震・津波対策を進めているものの、安全性への懸念は依然として解消されていない。
 アンケートは各市長・町長に対し、浜岡原発3〜5号機が新規制基準を満たしたと国が判断した場合、再稼働についてどう考えるかを聞いた。「再稼働を認めるべき」と答えた首長は4人。22人は条件付きの回答を示すなど、現時点でのはっきりした判断を避けた。

浜岡再稼働、首長は慎重 新基準適合でも9人否定


http://www.at-s.com/news/detail/618049782.html

>「エネルギー政策上、当面は反対できない」(栗原裕康沼津市長)
>「専門機関の判断を信頼する」(楠山俊介下田市長)


何も考えてないバカがいっぱいいるんだね。
福島第一の事故を見ているにも関わらず、
そして自分の自治体のすぐ近くにオンボロ原発が存在しているのに。


以下
浜岡の現状
浜岡について、以下を踏まえて再稼働を容認するバカについてお考えください。


ご存知の通り、
『浜岡原発』は東海地震の予想震源地の真上に建つ原発


東海地震震源域.jpg

浜岡原発.gif



政府の地震調査委員会、『今後30年に87%の確率で来る』


政府の地震調査委員会『今後30年で地震の起こる確率』
政府の地震調査委員会.jpg
地震調査委員会

東海地震87%.jpg



『2009年の地震で、制御棒30本の駆動装置が故障して、タービン建屋もひび割れし、計器も壊れまくり』

【浜岡原発】 制御棒、約30本の駆動装置が故障地震:浜岡原発5号機で制御棒駆動装置が一部故障地震で4、5号機が自動停止した浜岡原発=静岡県御前崎市で2009年8月11日午前10時1分、本社ヘリから長谷川直亮撮影  11日午前5時7分ごろ、駿河湾を震源として発生した強い地震で、震源から約40キロの中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)では、自動停止した5号機で原子炉の出力を調整する制御棒の駆動装置が一部故障するなど、計24件の異常が見つかった。経済産業省原子力安全・保安院は調査チーム3人を派遣し、地震の被害と安全性の確認作業を始めた。 中電によると、地震後、5号機原子炉建屋内で約250本ある制御棒のうち約30本の駆動装置が故障していた。使用済み燃料を入れた貯水槽の放射能濃度が通常の50倍に上昇し、主タービン軸受け部の摩耗を示す警報装置が作動したことも判明。タービン建屋壁面のひび割れも見つかった。自動停止した4号機でも原子炉内の中性子測定装置の一部が動作不能だったほか、廃炉の1、2号機周辺で最大約20センチの地盤隆起や沈下が見つかった【山田大輔】
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20090812k0000m040116000c.html
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2009/08/post_1424.html









『いろいろ壊れまくって、ボロボロ』

「20センチの地盤隆起や沈下」って、粘土の上に建ってんじゃん』
 


静岡県が先日、浜岡周辺では津波高は最大19メートルになるとの想定を発表した。中部電はいま、防潮堤の海抜22メートルへのかさ上げを急いでいる。
南海トラフ 巨大地震と津波の被害想定公表6 

完成
ほぼ完成した浜岡原発の防波壁
浜岡原発の「防波壁」、1・6キロほぼ繋がったけど・・・ペラペラすぎない!?と話題

このペラペラの防波堤の頂上を3メートルかさ上げしてます。

最初は中部電力なんか、こう言ってたんだぜ
中部電力『建設中の防波壁の高さは18mだけど、21メートルの津波が来ても安全』
536d7d47.jpg
こんな奴らの原発を信頼する自治体長を信頼できる?






 
ニュースブログランキング⇒