産廃業者の元社長で、汚染がれき受け入れや、入札額を漏洩して、親族会に入札させたり、好き放題貪ってきた男。
島田市民もさすがに目が覚めたのかも。






島田市長選
http://ht.ly/lbuEv



 
 島田市長に染谷氏 「がれき」実績の現職破る
    2013年5月20日

 
◆県内2人目の女性市長

染谷絹代氏
現職を破って島田市長に初当選を果たした染谷絹代氏=19日午後11時30分、同市内で(袴田貴資撮影)

 島田市長選と同市議選(定数二〇)は十九日、投開票され、市長選は新人で前市教育委員長の染谷絹代氏(58)=無所属=が、現職で三選を目指した桜井勝郎氏(69)=同=を破り、初当選を果たした。県内の女性市長は四月に誕生した伊豆の国市の小野登志子氏に次いで二人目。
 染谷氏は早期に選挙態勢を組み、「変えよう!島田」をキャッチフレーズに草の根の選挙戦を繰り広げた。市政刷新を求める声を集約し、幅広い層に支持を広げた。
 桜井氏は多くの企業や団体などから推薦を受け、組織票をてこに選挙戦を展開。全国でもいち早く震災がれきの受け入れを表明するなど実行力をアピールし、市政の継続を訴えたが届かなかった。
 当日有権者数は八万一千八百六十四人。市長選の投票率は70・80%で、前回(72・64%)を1・84ポイント下回った。
 市議選は十九日深夜以降に続々と当選者が決まった。
 ◇島田市長選確定得票
当 31,722 染谷 絹代 無新 当選<1>
  25,213 桜井 勝郎 無現
染谷 絹代(そめや・きぬよ) 58 無新 当選<1>

県ふじのくに防災士(元)教育委員長・県男女共同参画センター理事・中教審臨時委員▽放送大教養学部▽船木

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130520/szk13052002100000-n1.htm
  

はぁ、よかったね☆(ゝω・)vキャピ



>桜井氏は多くの企業や団体などから推薦を受け、組織票をてこに選挙戦を展開。全国でもいち早く震災がれきの受け入れを表明するなど実行力をアピール

>多くの企業や団体などから推薦を受け、組織票をてこに
ああ・・・どこかと同じ・・・


今度の参院選も、企業や団体などから推薦を受け、組織票をてこに動く奴等(大企業の為にだけ動く奴等)ではなく、
国を良くしようとすることだけが目的の多くの人たちが当選しますように

(-人-)ナムー




環境省の大罪
環境省の大罪
posted with amazlet at 13.05.20
杉本 裕明
PHP研究所



 
ニュースブログランキング⇒